北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「湯のまち」発信準備万端、ツーリズムEXPOがきょう開幕【登別】

湯のまちをPRする登別国際観光コンベンション協会の展示ブース

観光コンベンション協会・手湯コーナー、くじ

 世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」がきょう24日、大阪府内で開幕する。国内外の観光関連団体・自治体などが集結。“おらがマチ”の観光PRを行い、今後の集客につなげる機会とする。登別国際観光コンベンション協会(唐神昌子会長)も展示コーナーを設けて、来場者に湯のまち・登別をアピールする。

 日本観光振興協会と日本旅行業協会、日本政府観光局の主催。地域の魅力発信に加えて情報発信や商談を通じて、地元への誘客を高めるイベントとして開いている。同コンベンション協会は3年連続3回目の参加となる。

 会場はG20大阪サミットでも使われたインテックス大阪。各ブースごとに国内外の団体が展示スペースを設けている。同コンベンション協会からは、唐神会長、吉田武史副会長ら約10人が23日に会場入りして開設準備に当たった。展示は登別の湯をイメージした作りで、手湯のコーナーも設けて温もりを体感してもらう仕掛け。温泉街などの事業者から協力を受けて、登別名物などが当たる千本引きのくじも用意。景品を約1万本用意して来場者に楽しんでもらう。

 24、25日は業界向けに開放される。同コンベンション協会は2日間で16社の旅行会社と商談会を行う予定。26、27日は一般開放。

 同コンベンション協会はこのほか、北海道観光振興機構とJR北海道が共催して23日に大阪府内で行われた観光プロモーションに参加した。来春・夏の北海道旅行商品開発に向けて、道外エージェントらに魅力をPRした。

 西胆振からは同コンベンション協会の中平將さん、室蘭観光協会事務局長の仲嶋憲一さんらが参加。商談会を通じて豊富な泉質がそろう登別温泉や室蘭夜景の魅力を楽しめるクルーズ、来年4月に開設される民族共生象徴空間ウポポイ(白老町)などを熱心に発信していた。

関連記事

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。  同展は六つの章立てで構成...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

360度「桜」…迫力の展示徐々に 開幕へ準備本格化【帯広】

 写真家の枠を超え、映画やデザインなど幅広い分野で活躍する蜷川実花(にながわ・みか)さんの写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」(同展帯広実行委員会など主催)は19日の開幕が迫り、会場となる...

室蘭民報

活センで「仲間展」始まる 感性光る8人の写真【室蘭】

 1966年(昭和41年)の設立後、活動歴が半世紀を超える写真愛好家グループ・フォトグループ室蘭の作品を集めた「仲間展」が14日、室蘭市中島町の生涯学習センターきらん2階にある市民活動センターで...

十勝毎日新聞

蹴散らせコロナ 10月10日「大食い王」【幕別】

 目指せ、大食い王-。新型コロナウイルス禍でイベント中止が相次ぐ中、NPO幕別札内スポーツクラブと幕別清陵高校生徒会が、幕別町産のナガイモを使ったお好み焼きによる「大食い王決定戦」を企画した。...