北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

地元産ブドウ 給食で味わう【標津町】

配膳されるぶどうに目を奪われる児童たち

 標津町川北の建設業、上田組(上田修平社長)の「上田組葡萄園」で初めて収穫されたブドウが24日、標津町立川北小学校の児童らの給食として提供された。同社は2017年に2棟のハウスを建てて高級品種「シャインマスカット」などの栽培を開始、2年半で収穫を迎えた。地元の新名物として期待されるブドウに、児童たちは満面の笑みを浮かべながら舌鼓を打っていた。

 同社のブドウ栽培は16年、当時社長だった上田光夫会長が山梨県のブドウ家、樋口哲也氏に品評会に招かれたのがきっかけ。親交を深める中で、地域の新しい名物になればと樋口氏からノウハウを教えてもらう約束を取り付け、町川北で栽培を開始した。

 今年から収穫が可能となり、100房が収穫される見通し。当初は10月9日に初収穫する予定だったが、糖度検査の結果、わずかに足りないと判断、23日に収穫を持ち越していた。上田修平社長の「地元の子供たちに味わってほしい」との意向から、23日の収穫祭に地元の川北小学校5年生14人を招き、同校の給食にも提供することになった。

 24日の給食では、児童が「シャインマスカット」と「クインニーナ」の2種類のブドウを味わい、「甘い」「ほっぺが落ちそう」「毎回給食で出てほしい」と喜び、笑顔が広がった。6年生の榧木惣士朗くん(12)は「甘さが口の中に広がった。機会があったらまた食べたい」と目を輝かせていた。

 同社では今後、22年に1000房の収穫を目標に取り組む。日本最東端のブドウとして、ネーミングとロゴを考案しているという。安定した収穫が見込めるようになれば、販売も検討するとしている。

関連記事

苫小牧民報

携帯用トイレットペーパーを開発 レジャー需要や衛生対策に-東京紙工道工場

 レジスター用ロール紙などを手掛ける東京紙工北海道工場(苫小牧市柳町、本社埼玉県和光市)が、バッグにも入るコンパクトな携帯用トイレットペーパー「ノンノ」を製造・発売した。コロナ禍による屋外レジャ...

苫小牧民報

災害復旧用の特殊機械製品化 むかわ町/北見工大/苫高専/とませい/M Dinoが連..

 むかわ町と北見工業大学の地域と歩む防災研究センター、苫小牧工業高等専門学校地域共同研究センター、苫小牧市の清掃業「とませい」、むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は26日、災害復旧用特...

日高報知新聞

計画案を再吟味【平取】

【平取】広域観光の振興を目指す第2回「鵡川・沙流川WAKUWAKU協議会」が20日、平取町役場で開かれた。  同会代表の遠藤桂一平取町長の開会あいさつに続き、これまでの事業計画と収支決算状況などが...

日高報知新聞

「対話」からのまちづくり【浦河】

 池田拓町長と浦河高校の生徒による「対話からのまちづくりを考える」が24日、同校で開かれ、3年生の課題研究班(23班)のうち3班が外国人との英語交流や子どもたちの運動能力を活性化する科学的アプローチ、...

名寄新聞

日本選手権で3位入賞・カーリング協会Jrチーム【名寄】

 名寄カーリング協会ジュニアチーム「JJクレッシェンド」が、JOCジュニアオリンピックカーリング第29回日本ジュニアカーリング選手権大会で3位入賞。メンバーたちが26日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス