北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧駒大、女子バスケ部創部へ 監督に名将・一ノ瀬さん、学生増へ魅力アップ

女子バスケ部設立を目指す一ノ瀬さん

 苫小牧駒沢大学が、2020年度の女子バスケットボール部創部を目指している。女子入学生を増やす取り組みの一環で、仕掛け人は埼玉県で女子中学生チームを2度の日本一に導き、練習法などに関する著書も出している名将、一ノ瀬和之さん(52)。7月から募集広報課の職員となり、PRに奔走中だ。26日午後1時半から同大で、入学希望者を対象に練習会を開く。

 同大の学生は133人(5月1日現在)で、女子は2割強の30人。18年度の経営移管、21年度の名称変更などを経て生まれ変わろうとしているさなかで、一ノ瀬さんは「大学の未来像を考えた時、もっと女子を増やし、学内の雰囲気を変える必要がある」と考え、そのきっかけとして競技人口が多い女子バスケをターゲットに据えた。

 一ノ瀬さんは東京出身、日体大卒。埼玉県で約25年間、公立中、私立中・高一貫校の教員を務め、女子バスケの指導に当たった。02年に指導する児玉中女子バスケ部が全国大会で優勝。06年には埼玉県の中学生選抜チームを率い、都道府県対抗ジュニア大会で全国制覇も飾った。強豪校の監督として、バスケの練習法などを解説した著書も発刊。中・高一貫校時代の上司が同大運営法人にいた縁で、今年7月、同大の職員になった。

 選手集めなどゼロからのスタートで、一ノ瀬さんは「まだ部として形があるわけではないのでもちろん厳しい」と打ち明ける。指導者時代の縁を頼りに、札幌市内を中心に学校訪問を続けているが「無理だ」「厳しいよ」といった声も聞いた。それでも「応援する」などの声も寄せられ、「公式戦に出られるよう、最低選手5人を集めたい」と意欲を燃やす。

 26日午後1時半から同大で、入学希望者を対象に練習会を開き、基礎練習の紹介などを行う。一ノ瀬さんは「バスケの練習は9割方フットワークで日本人は真面目にこなすが、(フットワーク中心の練習は)きつい」と指摘。「フットワークはおのずと身に付く。自分はゲーム的要素を中心にバスケの楽しさを伝えていきたい」と力を込めた。

 問い合わせは同大募集広報課 電話0144(61)3100。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...