北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「きぬさや大福」発売開始から好評【上ノ国】

きぬさや大福をアピールする道の駅スタッフ

 【上ノ国】町の味、キヌサヤエンドウを使用し、道の駅上ノ国もんじゅで販売している「きぬさや大福」の売れ行きが好調だ。道の駅敷地内に工房を構える「菓処あまのがわ」の新商品で、今月12日から販売を開始。商品開発と製造を担当する工藤三代さん(34)は「お菓子として受け入れられるか半信半疑だった」と言うが、売り切れる日もあるほど順調な滑り出しに笑顔を見せている。

 キヌサヤエンドウは、町で30年以上の栽培実績があり道内屈指の生産量を誇る基幹作物。品質がよく関西などの大都市圏に出荷されている。その反面、地元で流通する事がほとんどなく、桧山南部サヤエンドウ生産組合企画班の地産地消の呼び掛けに応じ、昨年のキヌサヤが実る夏ごろから商品開発を始めた。

 試作品には、ロールケーキやパンナコッタなどもあったという。キヌサヤを乾燥させ粉末状にして利用する案もあったが、既存設備を活用しペースト状に加工。白いんげんの餡とクリームを合わせることで、餡の甘みのあとからほのかに香る、キヌサヤの風味を生かした大福を完成させた。

 購入した福島町の星宣明さん(33)は「町の名産品という広告を見て興味を持った。ずんだ餅が好きで、ずんだ餅をイメージしました」と話した。イートインスペースで食べていた江差町の室谷恵美子さん(73)は「体に良さそうで、キヌサヤとは珍しいなと思った。爽やかでさっぱりした不思議な餡。とてもおいしい」とにっこり。1個税込み140円。月曜定休。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...