北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

鵡川ししゃも、今年も明治神宮へ 「スズキ」39年連続奉納

奉納するシシャモを手にする鈴木社長

 むかわ町花園の水産加工品販売店「スズキ」が、11月1~3日に行われる明治神宮(東京)の秋の大祭に町の特産品「鵡川ししゃも」を今年も奉納する。明治神宮から全国特産物奉納趣意書が届き、今回で39年連続となる。

 明治神宮は毎年、全国から厳選した特産品を集め、大祭期間中に各地の奉納品として社殿横に陳列。全国特産物奉献行事は1963年から開催されており、今年で57回を数える。

 今回スズキが奉納するシシャモは、昨年秋に鵡川漁港で水揚げされた子持ちの雌120匹。厳選して冷凍設備で管理し、趣意書が届いた後に1週間ほど天日干しして仕上げた。ヒノキの箱に収めて27日に発送する予定だ。

 良質な商品にこだわり、来店客に自信を持って商品を提供する。「いくら宣伝で良いことを言っても、ちゃんとした物でなければ駄目。良い物を出すことでリピーターも増えてくれる」の言葉通り、地元や近隣だけでなく、全国各地から注文が寄せられるのはその裏付けだ。

 また、今年7月には税理士や公認会計士で組織するTKC全国会から、書面添付推進運動による税務申告書を10年連続して提出し、適正な会計記帳に基づく信頼性の高い決算申告書の作成に努めたとして特別表敬状を受けている。

 昨年は、胆振東部地震で店の冷凍庫が倒れるなど被害を受けながらも奉納を継続した。鈴木譲社長(85)は「良い商品づくりに励み、今後も奉納を続けたい」と話している。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...