北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

各国閣僚が活発議論 倶知安でG20観光相会合

観光に関する世界の課題と展望を論議した観光相会合=26日午前9時10分ごろ

 観光に関する世界的な課題や展望を話し合う20カ国・地域(G20)観光相会合が25、26の両日、後志管内倶知安町のホテルで開かれている。27カ国・地域と4国際機関から約200人が参加。26日午前は「持続可能な観光」をメインテーマに議長国の日本から赤羽一嘉国土交通相らが出席し、各国閣僚と議論を進めた。

 6月に大阪で開かれたG20首脳会議に併せ、財務相などの閣僚会合も11月まで全国8都市で順次行われている。閣僚会合で観光相会合が実施されたのは今回が初めて。

 議論のポイントは、世界各国の共通課題である▽持続可能な開発目標(SDGs)に対する観光の貢献▽観光客と地域社会に貢献する観光マネジメント▽持続可能な観光を推進する技術革新―など。観光客の急増に伴う騒音や交通渋滞によって、地元住民の生活に支障が生じる観光公害への対応などを協議。赤羽国土交通相はあいさつで「観光は世界のGDPの10%を占める一大産業で雇用や自然の保護につながる。持続的な発展を実現し、平和な国際社会の実現を果たそう」と述べた。

 25日は道や経済団体、倶知安町でつくる実行委員会が町内で歓迎レセプションを企画。各国の閣僚、道や同町の関係者ら約250人が出席した。鈴木直道知事は「北海道は雄大な自然、新鮮な食材、独自の歴史と文化を持つ。会合をきっかけに北海道と各国の絆が一層深まれば」とスピーチ。鏡開き後の乾杯では、胆振東部地震の復興支援として東胆振ゆかりの地酒「美苫」と「あびら川」が振る舞われた。

 会場では、むかわ町産のレタスをサラダに使うなど、道産食材にこだわった料理を提供。白老町で来年4月にオープンする民族共生象徴空間(ウポポイ)の紹介ブースやアイヌ古式舞踏も披露され、北海道の魅力をアピールした。

 26日午後はIT(情報技術)などを用いて持続可能な観光を推進する官民セッションを開催。議論を取りまとめた共同宣言を採択する見通しだ。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...