北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

PTA連合会研究大会、大阪の小学校元校長が講演【室蘭】

大空小での教育実践を踏まえ熱弁する木村泰子さん

「生きる力、身に付けさせて」

 胆振西部、室蘭市両PTA連合会の研究大会、胆振西部PTA子育て研修会の合同大会が27日、室蘭市東町の海陽小学校を会場に開かれ「すべての子どもの学習権を保障する」を教育理念に掲げた大阪市の公立小学校・大空小初代校長の木村泰子さんが講演、父母や教員ら約300人がより良い教育の場づくりを考えた。

 大空小は全ての子どもが安心できる居場所づくりを目指し、特別支援教育の対象となる児童もほかの児童と同じ教室で学び、地域住民や保護者が支えている。木村さんは2006年(平成18年)の開校から9年間、校長を務めた。

 木村さんは、義務教育の9年間を「未成熟な子どもが大人になる前に人間として豊かに自分らしく生きるための準備をする期間」と持論を展開。大空小での実践を例に「10年後、子どもたちが社会に出たときに生きて働く力を身に付けさせるのが大人の役割」と強調し「点数化できる学力は受験に役だっても生きる力は身に付かない」と言い切った。

 本来は結果を検証し指導の改善に役立てるべき全国学力学習状況調査の結果が、比較したり順位を競い合う目的に使われている実態や、神戸市の教員によるいじめを憂い「こんな大人たちの姿を見て子どもはどう思うだろう。全ての大人は行動、言動に責任を持つことが求められている。大人が変わり、子どもが思っていることを大人に素直に語れるようにしないといけない」と述べた。講演後はグループ別に意見を交わした。

 大会は両PTA連合会など4者が主催し、胆振教育局が共催、西胆振6市町教委が後援した。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...