北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

IR推進決議案を可決 苫小牧市議会臨時会、賛成多数で

IR誘致推進の決議を賛成多数で可決した苫小牧市議会臨時会=28日午後10時半ごろ

 苫小牧市議会臨時会は28日に本会議を開き、議員提案したカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致推進の決議案を賛成多数で可決した。定数28に対し議長を除く19人が賛成、8人が反対した。今回の決議は市の誘致活動を支持するもので、年内にIR誘致の是非を決める鈴木直道知事の判断を大きく後押しすることになる。

 市議会としての意思を明確にする決議案は最大会派の新緑が原案を作成し、3会派の代表と無所属1人の4人が提案者として名を連ねた。雇用創出や地域経済活性化などの内容が盛り込まれ、苫小牧が候補地に選ばれるよう「誘致に対する活動を推進」と明記。また、自然環境やギャンブル依存症、治安悪化、青少年への影響など不安材料に対する対策を国と道、市に求めた。

 IR誘致を反対する市議からは「経済波及効果に不確定要素が多い」「具体的な対策が示されず、市民議論も進んでいない」などの発言も出たが、推進派の賛成多数で可決。議会決議は慣例となっている全会一致の原則は保てなかった。

 これに先立って行われた国際リゾート構想に係る環境影響調査費を盛り込んだ2019年度一般会計補正予算案は原案通り可決された。補正予算案では、新千歳空港に隣接するIR候補予定地などを含む苫小牧市植苗の環境影響調査費として約1800万円を計上。質疑では、複数の市議が臨時会での議案提出に異論を唱えた。

 岩倉博文市長は、IRに関する国の動きと鈴木知事が年内に誘致是非を判断することに言及。「環境に対する懸念の声に少しでも早く応えるため、年度内にまとめるべきと判断した」と環境調査を行う理由を説明した。

 午後1時開会の一般会計補正予算案から始まった審議は午後10時過ぎまで続き、傍聴席で多くの市民が見詰める中で長時間にわたる議論が行われた。

関連記事

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...

室蘭民報

「次は2次、私立」―室工大会場でのセンター試験終了【室蘭】

 大学入試センター試験最終日の19日、西胆振では唯一の会場・室蘭工業大学(室蘭市水元町)でも数学と理科の試験があり、交通機関や会場運営などの大きなトラブルはなく全日程を終えた。受験生たちは緊張か...

室蘭民報

西胆振職親会が障がい者永年雇用事業所表彰【伊達】

小川商店を表彰  西胆振心身障がい者職親会(早坂文雄会長)の障がい者永年雇用事業所表彰と新年交礼会が17日夜、伊達市末永町のホテルローヤルであった。同事業所1社をたたえた。  約50人が出席。...

室蘭民報

長唄「鶴亀」祝いの調べ、邦楽舞踊協会が新年懇親会【室蘭】

 室蘭邦楽舞踊協会(沼田俊治会長)は19日夜、室蘭市中央町の室蘭プリンスホテルで恒例の新年懇親会を開いた。各社中の約50人が令和時代も伝統文化の継承と発展に尽くす覚悟を新たにした。  懇親会は...

室蘭民報

スリーエイ室蘭大会、FC室蘭が優勝【室蘭】

 第5回スリーエイ室蘭大会が19日、旭ヶ丘小学校体育館で行われた。内田吉計さん、小泉真理子さんでペアを組むFC室蘭が優勝した。  スリーエイは室蘭発祥のスポーツ。縦7メートル、横1・2メート...