北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島ツアー 出港前に納沙布岬で北方領土を学ぶ【根室】

納沙布岬に立ち島影を眺めるツアー客ら

 北方四島での日ロ共同経済活動における観光分野の試行事業「観光パイロットツアー」の一行は29日、市内で歯舞漁港や納沙布岬を視察した。同日夕に根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で国後島へ向かう。30、31日に国後、11月1、2日に択捉島を観光し、3日根室港へ戻る。

 この日は、28日から根室グランドホテルに宿泊していたツアー客ら33人と同行者11人の計44人が、根室交通の観光バスで歯舞地区へ向かった。歯舞漁港では、水揚げされたばかりのコマイやタラなどのセリを見学。納沙布岬では北方館の清水幸一副館長の案内で北方四島について学んだ。

 納沙布岬に立ったツアー客らは、清水副館長が示す島の方角を向き、これから訪れる北方四島の位置を把握。清水副館長は「元島民らは自由に行きたくても行けなくなってしまった。そんな気持ちを心にとどめながら、存分に島を見てきてほしい」と話し、九州から参加した女性客は「未知の世界を見られると思うと楽しみ」と期待に胸を躍らせていた。

歓迎セレモニーで根室の魅力を伝える竹本副市長

 また、同館では根室市による歓迎セレモニーが行われ、竹本勝哉副市長が根室の涼しい風土や日本一のサンマ、日本100名城の1番目に数えられるヲンネモトチャシ、野鳥の宝庫となっている春国岱・風蓮湖などを紹介。また、プロテニスプレイヤー大坂なおみ選手の母は根室出身、そして祖父は北方四島の勇留島出身であることを伝えると、ツアー客から感嘆の声が上がった。

 一行は同日午後3時半、根室港から「えとぴりか」で国後島へ向けて出発。国後では泊山や日本人墓地、文化会館など、択捉では紗那やオーヨ湾などを訪れる計画だ。

関連記事

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別...

苫小牧民報

6寺院を避難所に むかわ町と鵡川仏教会が災害協定

 むかわ町と町内鵡川地区の寺院でつくる「鵡川仏教会」は14日、災害時における施設利用に関する協定を結んだ。同日、静光寺(町松風)で締結式が行われ、竹中喜之町長と各寺院の関係者が協定書を交わした。 ...

日高報知新聞

オオワシの生態と価値【新ひだか】

【新ひだか】静内本町1の高田観光主催の「なぜ静内川にオオワシがくるのかその生態と価値を学ぶ」の講座は、15人が参加して座学が12日、観察会が13日に町内で開かれた。町体験・滞在型観光商品開発等支援事業。 ...

日高報知新聞

節婦で突風発生【新冠】

【新冠】14日午前8時前ごろ、町内節婦町で突風が発生し、倉庫が倒壊したり国道沿いのバス停待合室が道路の反対側まで吹き飛び全壊し、倉庫を中心に10棟ほどの被害があった。けが人などはなかった。  ...

十勝毎日新聞

コロナ収束炎に願う どんど焼き【帯広】

 帯広市内の帯廣神社(大野清徳宮司)で15日、「どんど焼き」(古神札焼納祭)が行われた。訪れた市民らが炎の中に正月飾りなどを投げ入れ、1年間の無病息災を祈った。  どんど焼きは、正月飾りなど...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス