北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

安全な除雪作業誓う 函館開建道路事務所で出陣式【北斗】

園児に見送られデモ走行に向かう除雪車両

 【北斗】降雪期の到来を前に、国道や高規格道路を管理する函館開発建設部函館道路事務所は29日、北斗市追分4の同事務所で除雪出陣式を行い、無事故、無災害の除雪作業を誓った。

 出陣式には職員や請負業者の従業員ら約30人が出席。除雪トラックなど車両21台が並び、ゆうあい幼稚園の園児、教職員約60人を対象とした除雪車両見学会も行った。

 職員が園児に除雪ドーザーやロータリー除雪車など各車両の性能について説明した後の出陣式では、同事務所の近藤勝俊所長が「除雪作業は道南地域の冬の生活を支える重要な仕事。安全を最優先に健康に留意し臨んでください」と訓示。業者を代表し、同事務所第一工務課請負工事安全連絡協議会の館義彦さん(相互建設)が「業者一丸となってこの冬の除雪作業を無事故、無災害で遂行することを誓う」と安全宣言した。

 除雪車の運転前点検、走行デモストレーションも行われ、園児たちも運転手に声援を送っていた。

 同事務所の管轄は、函館、北斗の2市と七飯、木古内、鹿部の3町にある国道5路線や函館新道、函館江差自動車道、函館新外環状道路で、約241キロを管理。今季は計34台の車両で除雪作業に当たる。

関連記事

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...

日高報知新聞

「香り良くおいしい」【浦河】

 浦河町堺町東1のゲストハウス「MASAGO」で26日、浦河産冬イチゴ「かおり野」を使用したクラフトビール「イチゴ Milk Shake IPA」の試飲会が開かれた。  このビールは、札幌市の澄川...

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...

十勝毎日新聞

帯広美術館 200万人突破 開館29年【帯広】

 道立帯広美術館(野崎弘幸館長)は30日午前、開館以来の累計の来場者数が200万人を突破した。節目の来場となった音更町の東海林加奈さん(35)に、記念品が贈られた。  1991年9月に道立5...