北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「天色」校舎外観現す―天神小、来年4月に開校【室蘭】

まもなく完成する20年度開校の天神小

 2020年度(令和2年度)の開校を目指して新築工事を進めている室蘭市水元町の天神小学校の外観が現れた。着工から1年以上経過、足場や仮囲いが外され、間もなく工事は終了する。鮮やかな「天色」の校舎が、秋空とともにまち並みに溶け込んでいる。

 天神小は、本年度末に閉校する高砂小と水元小の統合校。天神山(水元町、212メートル)にちなんだ校名を一般公募の中から採用した。校名の頭文字「天」に由来し、鮮やかな水色を外壁に取り入れて設計した。

 水元小の敷地内で昨年7月に着工。今年9月末に足場を解体、10月下旬には高さ3メートルほどの仮囲いを撤去した。今後、水道や防火設備など施設の検査を行い、11月末に完成の予定。グラウンドは水元小校舎の解体後に整備される。

 施設の特徴は、地域コミュニティーの拠点機能を設けている点にある。地域住民を交え、調理室や理科室など特別教室を開放的に使えるよう配慮した。また、市内では初となる4階建ての小学校で、コンパクト化を図った。

 工事の統括所長を務める東海建設の濱野洋右課長は「特に大きなトラブルはなく工事を進めることができた。校舎は遠目で見ると天色がよく映え、景観にもマッチしている。子どもたちに喜んで使ってもらえるのが楽しみ」と話した。

 第3期小中学校適正配置計画に基づく最後の新設校。校舎棟と体育館の工費は約24億5千万円で、延べ床面積は6970平方メートル。開校時の児童数は443人(今年5月現在)を見込み、1学年2、3クラスとなる。

関連記事

根室新聞

10月10日、旧標津線を巡る秋のフットパスツアー【根室】

 知床ねむろ・北太平洋シーニックバイウェイ(SB)の「旧標津線を巡る秋のフットパスツアー」が、10月10日に実施される。フットパスや北棟建築100周年の旧奥行臼駅逓所(国指定史跡)、西春別駅跡...

根室新聞

北方領土返還要求中央アピール 行進中止【根室】

 北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)は24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため「返還運動始まりの日」の12月1日に首都圏で行っている北方領土返還要...

苫小牧民報

実りの秋に感謝 厚真桜丘・森田さんの田んぼで抜穂祭

 胆振、日高の青年神職会は24日、厚真町桜丘の森田明央さん(53)が所有する水田に設ける「神田」で恒例の「抜穂(ぬいぼ)祭」を実施した。神事の後、若手の神職ら14人が手作業で鎌を振るい、日胆地区...

苫小牧民報

まるで親子、寄り添う犬猫 安平・佐藤農園パークゴルフ場

 安平町早来の佐藤農園パークゴルフ場で飼育している雄犬の「テツ」(推定13歳)に小さな野良猫が懐き、利用者から「親子のよう」と話題を集めている。じゃれ合う様子がかわいらしく、飼い主の佐藤豊子さん...

十勝毎日新聞

十勝ワイン仕込み開始【池田】

 2020年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が25日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)で始まった。  午前8時半、関係者が操業の安全を祈願。勝井勝丸町長は「事故なく、いいワ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス