北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

大塚製薬陸上部女子選手ら 千歳陸上競技SP少年団を指導

トラック上で子供たちを教えた伊藤選手(右)ら

 千歳市内でスポーツ合宿中の大塚製薬陸上競技部(河野匡監督)は30日、青葉陸上競技場で千歳陸上競技スポーツ少年団(佐伯修身代表)の子供たちの「一日コーチ」となり、走りの基本や筋力の鍛え方などを指導した。

 千歳市スポーツ合宿・大会誘致等推進協議会(会長・山口幸太郎千歳市長)主催の「2017アスリート交流事業」。千歳で夏合宿を行う実業団の陸上部が多いことから、市民への周知と千歳の子供たちが国内トップクラスのアスリートと接し運動能力アップの一助に―と、交流を企画した。

 名付けて「現役実業団陸上選手と走るRun千time(ランチタイム)」。河野監督とリオデジャネイロ五輪女子マラソン日本代表の伊藤舞選手(33)、長距離の井上彩花選手(26)やスタッフら5人が講師を務め、幼稚園児(年長)から小学6年生の33人を指導した。

 ランニングや柔軟体操で体をほぐした子供たちは低、中、高学年に分かれハードルを使って足の上げ方や腕の振り方など走りの基本動作を学んだ。

 河野監督(56)は「しっかり足を上げる、上半身と下半身を鍛える、縄跳びの要領で自分がばねになったつもりで弾むことを心掛けて」と説明。「普段の練習で意識してください」とアドバイスした。

 終了後はタオルやゴルフボールでのストレッチや足裏ケアも習得した。

 中距離選手の千歳北陽小6年の田仲舞衣さん(12)は「ケアの話が参考になりました。自主トレもしっかりやり1500メートルに挑戦したい」と笑顔を見せた。末広小6年の上田淳稀君(12)も「地面から反発力をもらうばねトレーニングがためになりました」と話していた。

 交流を終えた河野監督は「次代を担う子供たちが陸上に興味を持つきっかけになれば」と語る。伊藤選手も「普段の練習を知ってもらうことで(子供たちが)楽しく走り、楽しく体を動かすことができれば。何より自分も楽しく触れ合うことができました」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...