北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

大塚製薬陸上部女子選手ら 千歳陸上競技SP少年団を指導

トラック上で子供たちを教えた伊藤選手(右)ら

 千歳市内でスポーツ合宿中の大塚製薬陸上競技部(河野匡監督)は30日、青葉陸上競技場で千歳陸上競技スポーツ少年団(佐伯修身代表)の子供たちの「一日コーチ」となり、走りの基本や筋力の鍛え方などを指導した。

 千歳市スポーツ合宿・大会誘致等推進協議会(会長・山口幸太郎千歳市長)主催の「2017アスリート交流事業」。千歳で夏合宿を行う実業団の陸上部が多いことから、市民への周知と千歳の子供たちが国内トップクラスのアスリートと接し運動能力アップの一助に―と、交流を企画した。

 名付けて「現役実業団陸上選手と走るRun千time(ランチタイム)」。河野監督とリオデジャネイロ五輪女子マラソン日本代表の伊藤舞選手(33)、長距離の井上彩花選手(26)やスタッフら5人が講師を務め、幼稚園児(年長)から小学6年生の33人を指導した。

 ランニングや柔軟体操で体をほぐした子供たちは低、中、高学年に分かれハードルを使って足の上げ方や腕の振り方など走りの基本動作を学んだ。

 河野監督(56)は「しっかり足を上げる、上半身と下半身を鍛える、縄跳びの要領で自分がばねになったつもりで弾むことを心掛けて」と説明。「普段の練習で意識してください」とアドバイスした。

 終了後はタオルやゴルフボールでのストレッチや足裏ケアも習得した。

 中距離選手の千歳北陽小6年の田仲舞衣さん(12)は「ケアの話が参考になりました。自主トレもしっかりやり1500メートルに挑戦したい」と笑顔を見せた。末広小6年の上田淳稀君(12)も「地面から反発力をもらうばねトレーニングがためになりました」と話していた。

 交流を終えた河野監督は「次代を担う子供たちが陸上に興味を持つきっかけになれば」と語る。伊藤選手も「普段の練習を知ってもらうことで(子供たちが)楽しく走り、楽しく体を動かすことができれば。何より自分も楽しく触れ合うことができました」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36)。...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...