北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

フロンティア登別がNEXCO東日本と高福連携を進める【登別】

NEXCO東日本との高福連携を進めているフロンティア登別の施設利用者ら

交通安全グッズ製作・サービスエリア、トイレの装飾も

 就労継続支援B型事業所・フロンティア登別(登別市中登別町、山田大樹施設長)は、NEXCO東日本との連携を進めている。交通安全イベントで配るグッズを作ったり休憩スペースの装飾デザインを手掛けたりと、同社が推進する「高福連携」に協力。登別市内初の取り組みで“幸福”を追求している。

 NEXCO東日本は地域活性化の一環として、福祉団体と連携した環境整備や交通安全活動などを展開している。2017年(平成29年)に北海道支社室蘭管理事務所の取り組みを皮切りに、18年からは社内全体で「高福連携」を推進している。

 フロンティア登別は昨年から連携を開始した。最初は高速道路内の間伐材を活用したコースター作り。施設を利用する木村美沙さんがシュモクザメのイラストをかわいらしく描き、ポスターカラーで色付けした。「のぼりべつ夏祭り」「とまこまいスケートまつり」などの会場で、交通安全を呼び掛ける啓発品として活用されている。

 同社苫小牧管理事務所が管轄するサービスエリアなどのトイレには、サンタクロースなどの絵柄の装飾が施されている。デザインを担当したのは、フロンティア登別を運営する社会福祉法人ホープ(白老)の、白老町内の施設を利用する牧田清信さんだ。山田施設長は「昨年苫小牧で行われたスケートまつりから取り組んでいます。サンドイッチや弁当を手掛ける作業もあり、連携は少しずつですが進んでいますね」と話した。

 30日に同社苫小牧管理事務所の舘岡章浩所長らが訪れ、協力への感謝状を手渡した。舘岡所長は「管内のイベントで協力してもらっています。啓発品のコースターは喜ばれていますよ」と話した。

関連記事

釧路新聞

SL冬の湿原号今季最終運行

横断幕を掲げSLを出迎えるメンバーたち 今季最終運行で鉄道愛好家団体 JR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」(釧網線釧路―標茶間)の今季の最終運行日となった2月28日、鉄道愛好家でつくる釧路臨港...

日高報知新聞

2021年度ホッカイドウ競馬開催日程

 2021年度のホッカイドウ競馬は4月14日に開幕し、11月4日が最終日。前年度と同じ82日間(15開催)で、全日程をナイター開催する。重賞9レースの1着本賞金を引き上げるほか、一般・特別レースの...

日高報知新聞

廃線の浦河駅で写真展「日高本線の軌跡~浦河に鉄道がある情景~」

 浦河町立郷土博物館主催の企画展「写真展 日高本線の軌跡 浦河に鉄道がある情景」が、2月27日から昌平駅通のJR浦河駅待合室で開かれている。入場無料。  JR日高線(鵡川―様似間)は3月末日に廃止...

室蘭民報

室蘭に「春」到着 本州産花木、生花店に入荷【室蘭】

 室蘭市内の生花店に、本州産の春の花木が続々と入荷。厳しい寒さが続く室蘭にも、間もなく春が訪れることを告げている。室蘭市中島町のグリンデパート内にある花のあずまや本店では、モモやサンシュユ、ヤナ...

室蘭民報

亘理伊達家のお雛様 あすから企画展【伊逹】

 だて歴史文化ミュージアム(伊達市梅本町)で2日から企画展「亘理伊達家のお雛(ひな)様」が始まる。旧仙台藩亘理伊達家歴代の姫たちが嫁入り道具として持ち込んだ江戸時代の雛人形約40体などを展示する...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス