北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

フロンティア登別がNEXCO東日本と高福連携を進める【登別】

NEXCO東日本との高福連携を進めているフロンティア登別の施設利用者ら

交通安全グッズ製作・サービスエリア、トイレの装飾も

 就労継続支援B型事業所・フロンティア登別(登別市中登別町、山田大樹施設長)は、NEXCO東日本との連携を進めている。交通安全イベントで配るグッズを作ったり休憩スペースの装飾デザインを手掛けたりと、同社が推進する「高福連携」に協力。登別市内初の取り組みで“幸福”を追求している。

 NEXCO東日本は地域活性化の一環として、福祉団体と連携した環境整備や交通安全活動などを展開している。2017年(平成29年)に北海道支社室蘭管理事務所の取り組みを皮切りに、18年からは社内全体で「高福連携」を推進している。

 フロンティア登別は昨年から連携を開始した。最初は高速道路内の間伐材を活用したコースター作り。施設を利用する木村美沙さんがシュモクザメのイラストをかわいらしく描き、ポスターカラーで色付けした。「のぼりべつ夏祭り」「とまこまいスケートまつり」などの会場で、交通安全を呼び掛ける啓発品として活用されている。

 同社苫小牧管理事務所が管轄するサービスエリアなどのトイレには、サンタクロースなどの絵柄の装飾が施されている。デザインを担当したのは、フロンティア登別を運営する社会福祉法人ホープ(白老)の、白老町内の施設を利用する牧田清信さんだ。山田施設長は「昨年苫小牧で行われたスケートまつりから取り組んでいます。サンドイッチや弁当を手掛ける作業もあり、連携は少しずつですが進んでいますね」と話した。

 30日に同社苫小牧管理事務所の舘岡章浩所長らが訪れ、協力への感謝状を手渡した。舘岡所長は「管内のイベントで協力してもらっています。啓発品のコースターは喜ばれていますよ」と話した。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...