北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

フロンティア検討会、ロボット開発の最前線を解説【室蘭】

道内のロボット研究開発の最前線に理解を深めたフロンティア技術検討会

製造業や技術者ら集う

 室蘭地域産学官連携事業実行委員会主催の第31回フロンティア技術検討会が30日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、室蘭工業大学をはじめ、道内で取り組まれている生産性向上や省力化に向けたロボット技術、次世代型災害支援システムの研究開発の動向を紹介した。

 市内の製造業や技術者ら約100人が参加。室工大の教授ら3人が、それぞれの研究内容や事業成果を報告した。

 室工大の花島直彦教授(創造工学科)は、車両型ロボットによるナビゲーション技術(自動運転制御)や、インフラ点検ロボットの研究状況を説明。車両型ロボットに後退や経路追従、障害物回避などの制御を学習させて走行する実証実験の様子を動画を使って説明した。

 道立総合研究機構工業試験場(札幌市)の井川久研究主任は、同試験場が取り組む食品加工用ジャガイモの芽取りラインの自動化システムや、牧草の刈り取りなどの作業を無人の農業トラクターで行う技術開発の状況を解説した。

 室工大の董冕雄(とうめんゆう)教授(システム理化学科)は、次世代型災害支援システム「天・地・人」の概要を紹介。自然災害によって通信回線が遮断されても、個人が持つ端末同士やドローンを介して外部との通信を可能にし、迅速な救援活動を支援する仕組みを説明した。

 参加者らは、少子高齢社会を迎え、産業界だけでなくあらゆる分野で人手不足が深刻化する中、ロボットやシステム技術の開発の発展に期待や関心を高めていた。

関連記事

根室新聞

桐沢享さん 地元の風景描いたスケッチ20選を展示【根室】

 長年にわたって根室地方の風景を描いている桐沢享さん(85)の「根室100景スケッチ展」が、27日から市図書館2階集会室で開かれる。5月から9月にかけて本紙に連載した100景とは別に描いた新作2...

苫小牧民報

引っ越しピークに 災害公営住宅が完成-厚真

 災害公営住宅の入居対象は、地震により自宅が全壊した世帯。町では3地区で計32戸の災害公営住宅を整備した。  このうち公開した新町地区は2LDK(床面積75平方メートル前後)と3LDK(延べ床...

名寄新聞

サバイバルゲームin名寄・雨天でも来場者でにぎわう【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会による「サバイバルゲームin名寄」が24日、名寄ピヤシリスキー場特設会場で開かれた。万全の感染症予防対策の下、全道各地からの出場選手約190人をはじめ、多くの観客でにぎ...

日高報知新聞

全国大会で上位目指す

 18日に札幌市南区のほくせい乗馬クラブで開かれた第40回北海道乗馬スポーツ少年団交流馬術大会第7競技の北海道乗馬少年団選手権競技(JEF小障害A競技、高さ100㌢幅120㌢以内)で浦河乗馬スポーツ少...

日高報知新聞

鵡川―様似 来年4月廃止

【日高】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)とJR北海道による「JR日高線鉄道事業廃止に伴う同意及び覚書締結式」が23日、門別総合町民センターで開かれ、災害で運休中のJR日高線鵡川―様似間(116...