北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

フロンティア検討会、ロボット開発の最前線を解説【室蘭】

道内のロボット研究開発の最前線に理解を深めたフロンティア技術検討会

製造業や技術者ら集う

 室蘭地域産学官連携事業実行委員会主催の第31回フロンティア技術検討会が30日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、室蘭工業大学をはじめ、道内で取り組まれている生産性向上や省力化に向けたロボット技術、次世代型災害支援システムの研究開発の動向を紹介した。

 市内の製造業や技術者ら約100人が参加。室工大の教授ら3人が、それぞれの研究内容や事業成果を報告した。

 室工大の花島直彦教授(創造工学科)は、車両型ロボットによるナビゲーション技術(自動運転制御)や、インフラ点検ロボットの研究状況を説明。車両型ロボットに後退や経路追従、障害物回避などの制御を学習させて走行する実証実験の様子を動画を使って説明した。

 道立総合研究機構工業試験場(札幌市)の井川久研究主任は、同試験場が取り組む食品加工用ジャガイモの芽取りラインの自動化システムや、牧草の刈り取りなどの作業を無人の農業トラクターで行う技術開発の状況を解説した。

 室工大の董冕雄(とうめんゆう)教授(システム理化学科)は、次世代型災害支援システム「天・地・人」の概要を紹介。自然災害によって通信回線が遮断されても、個人が持つ端末同士やドローンを介して外部との通信を可能にし、迅速な救援活動を支援する仕組みを説明した。

 参加者らは、少子高齢社会を迎え、産業界だけでなくあらゆる分野で人手不足が深刻化する中、ロボットやシステム技術の開発の発展に期待や関心を高めていた。

関連記事

釧路新聞

SL冬の湿原号今季最終運行

横断幕を掲げSLを出迎えるメンバーたち 今季最終運行で鉄道愛好家団体 JR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」(釧網線釧路―標茶間)の今季の最終運行日となった2月28日、鉄道愛好家でつくる釧路臨港...

日高報知新聞

2021年度ホッカイドウ競馬開催日程

 2021年度のホッカイドウ競馬は4月14日に開幕し、11月4日が最終日。前年度と同じ82日間(15開催)で、全日程をナイター開催する。重賞9レースの1着本賞金を引き上げるほか、一般・特別レースの...

日高報知新聞

廃線の浦河駅で写真展「日高本線の軌跡~浦河に鉄道がある情景~」

 浦河町立郷土博物館主催の企画展「写真展 日高本線の軌跡 浦河に鉄道がある情景」が、2月27日から昌平駅通のJR浦河駅待合室で開かれている。入場無料。  JR日高線(鵡川―様似間)は3月末日に廃止...

室蘭民報

室蘭に「春」到着 本州産花木、生花店に入荷【室蘭】

 室蘭市内の生花店に、本州産の春の花木が続々と入荷。厳しい寒さが続く室蘭にも、間もなく春が訪れることを告げている。室蘭市中島町のグリンデパート内にある花のあずまや本店では、モモやサンシュユ、ヤナ...

室蘭民報

亘理伊達家のお雛様 あすから企画展【伊逹】

 だて歴史文化ミュージアム(伊達市梅本町)で2日から企画展「亘理伊達家のお雛(ひな)様」が始まる。旧仙台藩亘理伊達家歴代の姫たちが嫁入り道具として持ち込んだ江戸時代の雛人形約40体などを展示する...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス