北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

多言語ガイド導入 展示物や史跡をスマホで音声解説-仙台藩白老元陣屋資料館

専用スマホを手に資料館内の展示物を見学する来館者

 白老町の仙台藩白老元陣屋資料館は、来年4月の民族共生象徴空間(ウポポイ)オープンを見据え、多言語ガイドシステムを導入した。来館者に専用スマートフォンを貸し出し、館内の展示物や屋外の史跡を英語、中国語などの音声で解説する仕組み。ウポポイの開業に伴い、増加が予想される外国人来館者への対応策で、来年度には多言語パンフレットの作成なども予定している。

 システムは、館内10カ所と屋外の国指定史跡「白老仙台藩陣屋跡」内5カ所の解説スポットで専用スマホを操作すると、英語、中国語、韓国語、日本語の4カ国語で仙台藩陣屋にまつわる展示資料や史跡の説明を聞けたり、スマホの画面で解説文や関連画像を見ることができる仕組み。資料館は専用スマホを10台用意し、10月から希望者への貸し出しを始めた。

 資料館は、国立アイヌ民族博物館を中核としたアイヌ文化復興・発信拠点ウポポイの関連施設に位置付けられている。ウポポイの開業後、外国人来館者の増加が見込まれる中、受け入れ体制の整備でシステムを導入することにした。個人旅行などで資料館へ足を運ぶ外国人観光客も近年増えており、武永真館長は「多言語対応の取り組みで利便性を高め、来館をさらに促したい」と言う。

 専用スマホを借りて、日本語の音声ガイドで展示物を見学した同町の高校3年生吉井さつきさん(18)は「スマホの画像と文章、音声で展示資料について詳しく知ることができ、海外から訪れる人たちにとても優しいシステムだと思う」と話した。

 多言語ガイドの導入費は約260万円。外国人対応として資料館は来年度、多言語表記の看板やパンフレットの作成も予定している。

 白老仙台藩陣屋跡は、幕府の命令で仙台藩が1856(安政3)年、北方警備のために築いた陣屋跡。1966年に国の指定史跡に登録された。資料館は古文書や武具など約300点を所蔵し、陣屋造営の経緯、武士とアイヌ民族の交流など幕末の蝦夷地や白老の歴史を伝えている。

外国人来館者の増加を見込み、多言語ガイドシステムを導入した仙台藩白老元陣屋資料館

関連記事

根室新聞

桐沢享さん 地元の風景描いたスケッチ20選を展示【根室】

 長年にわたって根室地方の風景を描いている桐沢享さん(85)の「根室100景スケッチ展」が、27日から市図書館2階集会室で開かれる。5月から9月にかけて本紙に連載した100景とは別に描いた新作2...

苫小牧民報

引っ越しピークに 災害公営住宅が完成-厚真

 災害公営住宅の入居対象は、地震により自宅が全壊した世帯。町では3地区で計32戸の災害公営住宅を整備した。  このうち公開した新町地区は2LDK(床面積75平方メートル前後)と3LDK(延べ床...

名寄新聞

サバイバルゲームin名寄・雨天でも来場者でにぎわう【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会による「サバイバルゲームin名寄」が24日、名寄ピヤシリスキー場特設会場で開かれた。万全の感染症予防対策の下、全道各地からの出場選手約190人をはじめ、多くの観客でにぎ...

日高報知新聞

全国大会で上位目指す

 18日に札幌市南区のほくせい乗馬クラブで開かれた第40回北海道乗馬スポーツ少年団交流馬術大会第7競技の北海道乗馬少年団選手権競技(JEF小障害A競技、高さ100㌢幅120㌢以内)で浦河乗馬スポーツ少...

日高報知新聞

鵡川―様似 来年4月廃止

【日高】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)とJR北海道による「JR日高線鉄道事業廃止に伴う同意及び覚書締結式」が23日、門別総合町民センターで開かれ、災害で運休中のJR日高線鵡川―様似間(116...