北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

多言語ガイド導入 展示物や史跡をスマホで音声解説-仙台藩白老元陣屋資料館

専用スマホを手に資料館内の展示物を見学する来館者

 白老町の仙台藩白老元陣屋資料館は、来年4月の民族共生象徴空間(ウポポイ)オープンを見据え、多言語ガイドシステムを導入した。来館者に専用スマートフォンを貸し出し、館内の展示物や屋外の史跡を英語、中国語などの音声で解説する仕組み。ウポポイの開業に伴い、増加が予想される外国人来館者への対応策で、来年度には多言語パンフレットの作成なども予定している。

 システムは、館内10カ所と屋外の国指定史跡「白老仙台藩陣屋跡」内5カ所の解説スポットで専用スマホを操作すると、英語、中国語、韓国語、日本語の4カ国語で仙台藩陣屋にまつわる展示資料や史跡の説明を聞けたり、スマホの画面で解説文や関連画像を見ることができる仕組み。資料館は専用スマホを10台用意し、10月から希望者への貸し出しを始めた。

 資料館は、国立アイヌ民族博物館を中核としたアイヌ文化復興・発信拠点ウポポイの関連施設に位置付けられている。ウポポイの開業後、外国人来館者の増加が見込まれる中、受け入れ体制の整備でシステムを導入することにした。個人旅行などで資料館へ足を運ぶ外国人観光客も近年増えており、武永真館長は「多言語対応の取り組みで利便性を高め、来館をさらに促したい」と言う。

 専用スマホを借りて、日本語の音声ガイドで展示物を見学した同町の高校3年生吉井さつきさん(18)は「スマホの画像と文章、音声で展示資料について詳しく知ることができ、海外から訪れる人たちにとても優しいシステムだと思う」と話した。

 多言語ガイドの導入費は約260万円。外国人対応として資料館は来年度、多言語表記の看板やパンフレットの作成も予定している。

 白老仙台藩陣屋跡は、幕府の命令で仙台藩が1856(安政3)年、北方警備のために築いた陣屋跡。1966年に国の指定史跡に登録された。資料館は古文書や武具など約300点を所蔵し、陣屋造営の経緯、武士とアイヌ民族の交流など幕末の蝦夷地や白老の歴史を伝えている。

外国人来館者の増加を見込み、多言語ガイドシステムを導入した仙台藩白老元陣屋資料館

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...