北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「様似山道」「猿留山道」

様似山道

 文化庁は29日、歴史的・文化的に重要な由緒を有する古道や交通関係道路の保存推進を目的とした「歴史の道百選」(1996年に全国78カ所選定)に、新たに様似町の「様似山道」とえりも町の「猿留(さるる)山道」など36件を追加選定した。選定は両山道で1件。

 2018年に国の史跡名勝天然記念物に指定されている様似山道と猿留山道は、200年以上前の寛政11年(1799年)の同時期、幕府の命で蝦夷地で先駆けとなる官製山道としてつくられた。

 両山道には日本中を測量で歩き日本地図を製作した伊能忠敬、「北海道」の命名者で探検家の松浦武四郎も通行している。

 各山道には人馬を代えて送る人馬継立(じんばつぎたて)の制度を整え、山道途中に小休所が設けられ、様似山道には明治時代初期に宿屋もあった。

 様似山道は冬島から幌満まで全長7・1㌔のうちの山道跡が良好な4・5㌔。道路幅は約0・9㍍。急峻な山道は造成4年後の享和3年(1803年)に南部藩が幕府への出願により改修している。また、明治6年から同18年まで宿屋の原田宿が営業。昭和2年に沿岸道路の完成で山道の利用は激減した。

 猿留山道は歌別方面から目黒までの経路の全長29・5㌔のうち、豊似岳の山麓を通る庶野と目黒地区の延長6・3㌔。道幅は約0・9㍍。

山道の沼見峠には江戸時代に建立の妙見菩薩石像などが現存し、地元有志による供養も実施。山道は明治18年に海岸寄りに新しい猿留山道がつくられ、江戸時代の猿留山道の一部は使われなくなり、昭和9年の海岸道路の完成で利用は減少した。

 「歴史の道百選」の選定は初選定以来23年ぶりで、今回が最後。選定総数は114件。新規の36件には、お遍路さんで知られる「四国遍路道」(四国4県)や、俳人の松尾芭蕉ゆかりの「陸奥上街道」(岩手県)なども含まれる。

 道内は、1996年に檜山管内の福山街道(上ノ国町)=寅ノ沢~上ノ国八幡神社、勝山館跡・花沢館跡周辺=が選定され、様似、猿留山道が2カ所目。

猿留山道

関連記事

函館新聞

箱館醸蔵、酒米収穫スタート【七飯】

 【七飯】七飯町大中山1で新たな酒蔵を建設中の箱館醸蔵(冨原節子社長)は20日、町中野の栽培圃場(ほじょう)で酒米の収穫を始めた。酒造好適米「彗星(すいせい)」を刈り取り、新しい酒造りへの意欲を...

函館新聞

函館市高齢化率上昇続く 旧4町村は約50%に【函館】

 少子高齢化が進む函館市では、65歳以上の老年人口の割合が年々高まっている。市の住民基本台帳(8月末現在)によると、65歳以上の人口は9万164人で、高齢化率は前年同期比0・5ポイント増の35・...

十勝毎日新聞

オリンピアン“背”に ポロシャツ製作 高木姉妹や山本選手にも好評【幕別】

 町役場職員交友会(会長・細澤正典住民福祉部長)は、町出身の5人のオリンピアンをモチーフにしたポロシャツを製作した。それぞれの競技に打ち込む5人のシルエットがプリントされたポロシャツは選手本人たち...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

十勝毎日新聞

屋上に飛行機! 持ち主の小枝さん「操縦の思い出展示」 空の日【帯広】

 ビルの屋上に軽飛行機発見! 帯広市中心部の小枝銀座ビル(西1南11)の屋上にたたずむ1機の軽飛行機。この存在に気付いた周辺ホテルの宿泊客らが2014年ごろから、ツイッター上にたびたび写真を投稿し...