北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「様似山道」「猿留山道」

様似山道

 文化庁は29日、歴史的・文化的に重要な由緒を有する古道や交通関係道路の保存推進を目的とした「歴史の道百選」(1996年に全国78カ所選定)に、新たに様似町の「様似山道」とえりも町の「猿留(さるる)山道」など36件を追加選定した。選定は両山道で1件。

 2018年に国の史跡名勝天然記念物に指定されている様似山道と猿留山道は、200年以上前の寛政11年(1799年)の同時期、幕府の命で蝦夷地で先駆けとなる官製山道としてつくられた。

 両山道には日本中を測量で歩き日本地図を製作した伊能忠敬、「北海道」の命名者で探検家の松浦武四郎も通行している。

 各山道には人馬を代えて送る人馬継立(じんばつぎたて)の制度を整え、山道途中に小休所が設けられ、様似山道には明治時代初期に宿屋もあった。

 様似山道は冬島から幌満まで全長7・1㌔のうちの山道跡が良好な4・5㌔。道路幅は約0・9㍍。急峻な山道は造成4年後の享和3年(1803年)に南部藩が幕府への出願により改修している。また、明治6年から同18年まで宿屋の原田宿が営業。昭和2年に沿岸道路の完成で山道の利用は激減した。

 猿留山道は歌別方面から目黒までの経路の全長29・5㌔のうち、豊似岳の山麓を通る庶野と目黒地区の延長6・3㌔。道幅は約0・9㍍。

山道の沼見峠には江戸時代に建立の妙見菩薩石像などが現存し、地元有志による供養も実施。山道は明治18年に海岸寄りに新しい猿留山道がつくられ、江戸時代の猿留山道の一部は使われなくなり、昭和9年の海岸道路の完成で利用は減少した。

 「歴史の道百選」の選定は初選定以来23年ぶりで、今回が最後。選定総数は114件。新規の36件には、お遍路さんで知られる「四国遍路道」(四国4県)や、俳人の松尾芭蕉ゆかりの「陸奥上街道」(岩手県)なども含まれる。

 道内は、1996年に檜山管内の福山街道(上ノ国町)=寅ノ沢~上ノ国八幡神社、勝山館跡・花沢館跡周辺=が選定され、様似、猿留山道が2カ所目。

猿留山道

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...