北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

稚ウニ 生産順調で今年度出荷終了=種苗生産センター【根室】

今年度の稚ウニの出荷作業=9月

 人工種苗で稚ウニを飼育し、市内4漁協に供給している市ウニ種苗生産センター(温根元)は16日までに種苗出荷を完了し、令和元年度の事業を終了した。今年度の5ミリメートル以上の規格種苗の最終出荷数は、808万1800個で、稚ウニの平均殻径は10.1ミリメートルだった。

 種苗生産は昨年12月から親ウニの飼育を開始し、今年3月18日、同21日の2回受精作業を行った。4月15日から20日の間に沈着。沈着数は2016万9788個で、沈着率は47.1パーセント。事務担当者会議で協議の結果、稚ウニ1510万4700個で飼育を始めた。

 同センターによると、飼育期間を通じて水温が飼育適水温である15度前後で推移したことから、コンブの給餌量や飼育水槽の換水作業も順調に行われた。台風やシケの影響で取水ポンプが停止し、飼育水槽へ流水できない日が5日間あったものの、稚ウニや施設への被害はなかった。

 今年度は、9月13日から30日までの実働6日間で行われた9月分の各漁協への規格種苗の出荷数量は589万2616個、10月7日から16日までの実働6日間で行われた10月分は218万9184個となった。

 9、10月合わせた殻径5ミリメートル以上の規格種苗の出荷数の合計は、808万1800個、平均殻径は10.1ミリメートルで、当初計画650万個を上回った。今年度は、昨年発生した胆振東部地震によるブラックアウトなどの機械的トラブルがなかったことから、昨年度の出荷数量704万3800個を上回り終了した。

関連記事

釧路新聞

SL冬の湿原号今季最終運行

横断幕を掲げSLを出迎えるメンバーたち 今季最終運行で鉄道愛好家団体 JR北海道の観光列車「SL冬の湿原号」(釧網線釧路―標茶間)の今季の最終運行日となった2月28日、鉄道愛好家でつくる釧路臨港...

日高報知新聞

2021年度ホッカイドウ競馬開催日程

 2021年度のホッカイドウ競馬は4月14日に開幕し、11月4日が最終日。前年度と同じ82日間(15開催)で、全日程をナイター開催する。重賞9レースの1着本賞金を引き上げるほか、一般・特別レースの...

日高報知新聞

廃線の浦河駅で写真展「日高本線の軌跡~浦河に鉄道がある情景~」

 浦河町立郷土博物館主催の企画展「写真展 日高本線の軌跡 浦河に鉄道がある情景」が、2月27日から昌平駅通のJR浦河駅待合室で開かれている。入場無料。  JR日高線(鵡川―様似間)は3月末日に廃止...

室蘭民報

室蘭に「春」到着 本州産花木、生花店に入荷【室蘭】

 室蘭市内の生花店に、本州産の春の花木が続々と入荷。厳しい寒さが続く室蘭にも、間もなく春が訪れることを告げている。室蘭市中島町のグリンデパート内にある花のあずまや本店では、モモやサンシュユ、ヤナ...

室蘭民報

亘理伊達家のお雛様 あすから企画展【伊逹】

 だて歴史文化ミュージアム(伊達市梅本町)で2日から企画展「亘理伊達家のお雛(ひな)様」が始まる。旧仙台藩亘理伊達家歴代の姫たちが嫁入り道具として持ち込んだ江戸時代の雛人形約40体などを展示する...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス