北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

稚ウニ 生産順調で今年度出荷終了=種苗生産センター【根室】

今年度の稚ウニの出荷作業=9月

 人工種苗で稚ウニを飼育し、市内4漁協に供給している市ウニ種苗生産センター(温根元)は16日までに種苗出荷を完了し、令和元年度の事業を終了した。今年度の5ミリメートル以上の規格種苗の最終出荷数は、808万1800個で、稚ウニの平均殻径は10.1ミリメートルだった。

 種苗生産は昨年12月から親ウニの飼育を開始し、今年3月18日、同21日の2回受精作業を行った。4月15日から20日の間に沈着。沈着数は2016万9788個で、沈着率は47.1パーセント。事務担当者会議で協議の結果、稚ウニ1510万4700個で飼育を始めた。

 同センターによると、飼育期間を通じて水温が飼育適水温である15度前後で推移したことから、コンブの給餌量や飼育水槽の換水作業も順調に行われた。台風やシケの影響で取水ポンプが停止し、飼育水槽へ流水できない日が5日間あったものの、稚ウニや施設への被害はなかった。

 今年度は、9月13日から30日までの実働6日間で行われた9月分の各漁協への規格種苗の出荷数量は589万2616個、10月7日から16日までの実働6日間で行われた10月分は218万9184個となった。

 9、10月合わせた殻径5ミリメートル以上の規格種苗の出荷数の合計は、808万1800個、平均殻径は10.1ミリメートルで、当初計画650万個を上回った。今年度は、昨年発生した胆振東部地震によるブラックアウトなどの機械的トラブルがなかったことから、昨年度の出荷数量704万3800個を上回り終了した。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...