北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「絆」「愛」歌う、末期がん患者・内城さんがライブ【登別】

「人との絆」や「無償の愛」の大切さなどを訴えたオリジナルソングを歌う内城さん

 末期の肺がん患者、内城博一さん(48)=登別市若草町=のミニライブ「魂の叫び」が10月31日夜、同市中央町の登別中央福音教会で開かれた。人との絆や無償の愛の大切さを「オリジナルソング」に込めて披露。観客はひたむきな歌と前向きさに熱い拍手を送った。

 登別出身。埼玉県で会社員をしていた2018年(平成30年)3月、46歳の時に「左肺上葉の扁平(へんぺい)上皮がんでステージ4」の診断を受ける。12月には「来年の花見は難しい」と言われ帰郷。古里で中学時代の仲間らと花見を楽しむなどし、心が安定した毎日を過ごし、「過去、現在、未来で、大切なのは人との『絆』」との思いを強くしたという。

 この日のミニライブは「自らの思いと感謝を伝える場」。弟の内城真人さん(45)のギター、妹の浜飯理恵さん(37)のキーボード演奏に合わせ、自らはギターを弾き、オリジナルソングなど計5曲を歌い上げた。

 歌の合間には「がんになり気付いたのは当たり前のことに感謝すること」「皆さまのエネルギーをもらい、細胞レベルで活性化した強い力で、がん細胞と闘い、勝ち続けている」と訴える。約70人の聴衆は内城さんの思いに触れながら聴き入っていた。

関連記事

室蘭民報

旧絵鞆小で光る絵本展開催、市民有志がCF実施【室蘭】

 お笑いコンビ「キングコング」の一人で、絵本作家としても知られる西野亮廣さんの作品を集めた「光る絵本展」が30日から2日間、室蘭市の旧絵鞆小学校円形校舎で開かれる見通しとなった。市民有志が「歴史...

室蘭民報

甘えっ子見てね、ニクスがキングペンギンのヒナ公開【登別】

 登別マリンパークニクス(登別東町)で、今年8月に生まれたキングペンギンのひなが一般公開され、親子の仲むつまじい様子が来園者の注目を集めている。  ひなは、今年7月2日の産卵から60日目となる...

室蘭民報

まちの課題、市民解決を―有志集い「伊達未来会議」【伊達】

 伊達市民有志が集まり、将来のまちの在り方を議論する「伊達未来会議」がある。フェイスブック(FB)上で呼び掛け、十数人がそれぞれの意見を述べ、課題や自分たちにできる取り組みを考えている。会議を企...

室蘭民報

「むかわ竜」の複製骨格公開イベント、約800人が満喫【むかわ】

 むかわ町穂別地区で発見された国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」の複製(レプリカ)が3、4の両日、穂別町民センターで公開され、約800人が恐竜ワールドを満喫した。  会場には「むかわ竜」の...

室蘭民報

軽快サウンド次々、登別中学校吹奏楽部が定期演奏会【登別】

 登別市登別中学校吹奏楽部(歌川結衣部長)の第25回定期演奏会が4日、市内富士町の市民会館で行われ、部員22人が軽快な登中サウンドを響かせた。  3部構成。第1部は吹奏楽による名曲ステージ。「...