北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ポスター最優秀に中川美佑さん【新ひだか】

ポスター高校生最優秀賞の中川さんの作品

【新ひだか】道内の小中・高校生を対象にした本年度の「いじめ・ネットトラブル根絶!メッセージコンクール」で、静内高校2年の中川美佑さんが応募したいじめ根絶部門のポスターが、高校生の部で最優秀賞を受賞。また、同部門の標語で、えりも中3年の本間舜都さんが中学校の優秀賞に選ばれた。

 北海道いじめ・不登校等対策本部と札幌市ケータイ・ネットセーフティ推進協議会が主催。いじめやネット上の有害情報から青少年を守る意識を高めるため、児童や生徒から標語とポスターの作品を募り、啓発活動などに活用している。

 コンクールは「いじめの根絶」と「ネットトラブルの根絶」の2部門で標語とポスターを募集しそれぞれ、小、中・高校別に入賞作品を決めている。

 最優秀賞を受賞した中川さんのポスターは、両脇に並ぶ生徒と反対向きの後ろ姿で裸足でたたずむ女子生徒を表現し、「気付かないふりは もうやめて」というメッセージで、いじめについて訴えている。

 いじめ根絶部門の標語で最優秀賞に次ぐ優秀賞に選ばれた本間さんの作品は、「悩むなら 勇気を出して SOS」。

 2人の作品を含む最優秀、優秀賞は、北海道教育委員会のホームページに掲載している。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...