北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

花めでる列 最後まで 菊まつり最終日【帯広】

色とりどりの菊が会場を彩り、最終日もにぎわうまつり会場

 「第50回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)は、最終日の4日も多くの人でにぎわった。期間中は天候に恵まれ、会場をとかちプラザに移転して以降、来場者数は過去最高になりそうだ。

 4日は土・日曜に比べ、老人ホームなどから訪れた車いすのお年寄りの姿が目立った。

 約1400株の菊が飾られた総合花壇や菊盆栽など、会場でしか見られない展示に、市内の室井サチエさん(84)は「ここに来ると気分が和む」と笑顔を見せた。

 市内の久保ヨシさん(94)は次女(66)と共に訪れ、「庭づくりや庭園が大好きで毎年来ている。花に囲まれると、気分が明るくなる」と話した。

 子どもたちの姿も。帯広明星小1年の女児は、背丈の倍もある大菊を前に「ヒマワリより大きくてすごい」と声を弾ませた。

 推進委によると、会場を移転した2015年以降、最も来場者が多かったのは18年の2万7020人。今年は全日程が晴れで連日多くの人が訪れ、昨年超えは確実とみている。

関連記事

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...

室蘭民報

室蘭美術界の過去、現在を一堂に【室蘭】

 高野次郎さんや西村喜久子さん、熊谷善正さんなど室蘭の美術界に名を残した歴代の作家と、現在も活躍中の作家の20人の作品が室蘭市幸町の市民美術館で一堂に展示されている。題して「室蘭美術の過去、現在-...

室蘭民報

見せ方工夫、鉄のアート―彫刻家・坂本さんが製鉄室蘭病院で個展【室蘭】

 室蘭市宮の森町の彫刻家、坂本正太郎さんによる個展「Sakamoto Shotaro Solo Exhibition eau(オー)-己が境界【KYOUGAI】にあらざるものをば-」が31日まで...

室蘭民報

スノーボード教室や雪像展示など…2月16日に「冬まつり」開催【室蘭】

 室蘭の冬の一大イベント「第41回むろらん冬まつり」(同実行委員会主催)が2月16日、室蘭市香川町のむろらん高原だんパラスキー場特設会場で開かれる。  冬まつりは午前10時スタート。スノーボー...

室蘭民報

オープンガバメント公開シンポジウムで大谷室蘭がオーディエンス賞【室蘭】

3年生の6人が「まちの魅力」伝える  大谷室蘭高校の3年生6人が20日、千葉市で開かれたオープンガバメント推進協議会の2019年度公開シンポジウム内で繰り広げられた、まちのPR合戦「シビックパワー...