北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン【東京】

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モキトウシ)」が第三席の特別賞、NEEDS(幕別)の「ラクレット」が審査員特別賞に輝いた。

コンテストの上位入賞者。右端が本間さん、左端が長田さん

幕別・NEEDS審査員特別賞
 同コンテストは2年に1度開かれ、今回は全国86工房から203品が出品された。金賞10点の中から最優秀を含む特別賞3品が選ばれ、しあわせチーズ工房の茂喜登牛は第三席の中央酪農会議会長賞を受賞した。

 茂喜登牛はエゾマツの皮を巻いて熟成したウオッシュタイプのチーズで、優しい甘みとエゾマツの香りが特徴。熟成が進むと、カスタードクリームのように軟らかくなる。同工房の本間幸雄代表は「受賞はうれしい。クオリティーを安定させ、さらに良いチーズを作りたい」と話した。

 審査員特別賞は、金賞に次ぐ優秀賞10点の中から1点を選定。NEEDSのラクレットは、芳醇(ほうじゅん)な香りが高く評価された。長田正樹社長は「受賞は励みになる。今後もできることを一つ一つやっていきたい」と語った。

 また、優秀賞10点には十勝から、しあわせチーズ工房の「しあわせラクレット」、ランラン・ファーム(清水)の「十勝シェーブル炭」が選ばれた。最優秀賞は川瀬チーズ工房(渡島管内長万部町)の「フリル」。最終審査は帯広畜産大の中村正准教授ら10人が担当した。

特別賞を受賞した、しあわせチーズ工房の「茂喜登牛(モキトウシ)」

関連記事

十勝毎日新聞

「世界最高のチーズを」 国際コンで銅賞の共働学舎【新得】

 ワールドチーズアワード2019(10月、イタリア)で、カマンベールタイプの「笹ゆき」が銅賞のブロンズメダルを獲得した共働学舎新得農場(宮嶋望代表)。国産ナチュラルチーズの第一人者として結果に満足...

室蘭民報

わかさいも本舗の松澤さんが洋菓子コンテストで銅賞【登別】

4種の小型ケーキ銅賞  わかさいも本舗登別工場(登別市若山町)のパティシエ・松澤真希さん(33)が、日本最大の洋菓子コンテスト・2019ジャパン・ケーキショー東京(10月15~17日)で、プティ...

室蘭民報

栄養士監修一日各10食…Eスプーン、今月のメニュー【伊達】

よくばりバージョン  栄養士の山田公子さん 「全国の伝統お祝い料理を集めてみました」。850円。  ▽ばらずし(京都府) 甘いサバのおぼろ(そぼろ)がたっぷり。  ▽のっぺい汁(三重県) 片栗粉や...

室蘭民報

スズキのシシャモが明治神宮秋の大祭に39年連続奉納【むかわ】

 むかわ町花園の水産加工品販売業「●スズキ」(鈴木譲代表取締役)のシシャモが、今年の明治神宮秋の大祭(11月1~3日)に奉納されることが決まった。今回で39年連続となる吉報に、鈴木社長は「これまで...

函館新聞

「きぬさや大福」発売開始から好評【上ノ国】

 【上ノ国】町の味、キヌサヤエンドウを使用し、道の駅上ノ国もんじゅで販売している「きぬさや大福」の売れ行きが好調だ。道の駅敷地内に工房を構える「菓処あまのがわ」の新商品で、今月12日から販売を開...