北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン【東京】

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モキトウシ)」が第三席の特別賞、NEEDS(幕別)の「ラクレット」が審査員特別賞に輝いた。

コンテストの上位入賞者。右端が本間さん、左端が長田さん

幕別・NEEDS審査員特別賞
 同コンテストは2年に1度開かれ、今回は全国86工房から203品が出品された。金賞10点の中から最優秀を含む特別賞3品が選ばれ、しあわせチーズ工房の茂喜登牛は第三席の中央酪農会議会長賞を受賞した。

 茂喜登牛はエゾマツの皮を巻いて熟成したウオッシュタイプのチーズで、優しい甘みとエゾマツの香りが特徴。熟成が進むと、カスタードクリームのように軟らかくなる。同工房の本間幸雄代表は「受賞はうれしい。クオリティーを安定させ、さらに良いチーズを作りたい」と話した。

 審査員特別賞は、金賞に次ぐ優秀賞10点の中から1点を選定。NEEDSのラクレットは、芳醇(ほうじゅん)な香りが高く評価された。長田正樹社長は「受賞は励みになる。今後もできることを一つ一つやっていきたい」と語った。

 また、優秀賞10点には十勝から、しあわせチーズ工房の「しあわせラクレット」、ランラン・ファーム(清水)の「十勝シェーブル炭」が選ばれた。最優秀賞は川瀬チーズ工房(渡島管内長万部町)の「フリル」。最終審査は帯広畜産大の中村正准教授ら10人が担当した。

特別賞を受賞した、しあわせチーズ工房の「茂喜登牛(モキトウシ)」

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...