北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市が防災力強化 行政備蓄、着々と進む

 苫小牧市は大規模災害などに備え、災害対策用品などの行政備蓄を着々と進めている。2016年策定の災害時備蓄計画に基づき、食料や飲料水などを蓄えており、平均充足率は約80%に達した。昨年9月の胆振東部地震を受け、当初計画になかった蓄電池も導入するなど、防災力を強化している。

 市は有事の際、避難所運営を円滑に行えるよう地域防災計画の個別計画として、16年3月に災害時備蓄計画を策定。自助、共助、公助を深化させるため家庭内備蓄や事業所内備蓄、市内事業所などとの協定に基づく流通備蓄、大規模災害を想定した市の行政備蓄の考え方をまとめている。

 行政備蓄は発災後1日分(3食分)の備蓄を目標に掲げており、食料5品目、生活必需品10品目、資機材15品目の平均充足率は18年度末時点で80・09%。緊急性の高い品目の備蓄を優先している。

 主なものでは、非常食のアルファ米が目標1万6000食に対し、備蓄1万5550食(充足率約97%)、保存用ビスケットは目標8000食で、備蓄7357食(同約92%)。粉ミルクは目標数1000箱を確保済みだ。

 食料や飲料水は賞味期限があり、計画的に買い替えている。保存用ビスケットの賞味期限は5年で、毎年2000食を購入。期限が残り1年未満になったものは、自主防災組織の防災訓練で配るなど市民の防災意識高揚に役立てている。粉ミルクは期限が1年半のため、毎年全量を更新している。

 一方、救急箱は目標47箱に対して備蓄10箱(同約21%)。リヤカーも目標は47台だが、備蓄は27台(同約57%)。市危機管理室は「救急箱は避難所の学校にあるなど、行政備蓄がなくても補完できているものはある」と指摘。「優先度の高い防災用品は一定程度備蓄できている」と話す。

 昨年9月の胆振東部地震で使用した毛布を更新しつつ、限られた財源で各品目を効果的に補強。同地震を踏まえ18、19年度の2カ年、防衛省の再編関連訓練等移転交付金を活用し、100ワットの電力を30時間使用できる蓄電池を12台導入した。当初の備蓄計画にはなかったが、市民ニーズを考慮して配備したという。

 同室は「備蓄は1回そろえて終わりではない。新たな課題を踏まえ、備えていきたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...