北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

CA気分でアナウンス体験 苫小牧市内2小学校で航空教室-エア・ドゥ

機内アナウンスを体験する児童ら

 AIRDO(エア・ドゥ)は5日、航空会社の仕事を児童、生徒に紹介する「航空教室」を苫小牧市の勇払、清水両小学校で開いた。同社の整備士や客室乗務員(CA)、操縦士が両校を訪れ、安全、快適な空の旅を提供する仕事の魅力や大変さなどを伝えた。

 同社が2009年から道内の小、中学校で展開している社会貢献活動。今年は38校で企画し、市内では両小が選ばれた。

 勇払小では整備士の高木夢香さん(23)、CAの池ヶ谷美南さん(31)、副操縦士の藤堂貴之さん(26)が6年生14人に仕事の内容などを説明した。

 高木さんは「飛行機が好きで、中まで知りたいと思った」と整備士になったきっかけを述べた上、飛行機の翼の模型に扇風機で風を当て、飛行機が飛ぶ仕組みを分かりやすく解説した。

 藤堂さんは「コックピットはボタンが100個以上」「ライセンス(免許)が五つ必要」などと紹介。「1人で飛行機は飛ばせない。安全に飛ぶため、確認をしっかりしている」などと話した。

 池ヶ谷さんは「『笑顔でありがとう』と言われると、仕事をして良かったと思う」とやりがいをアピール児童たちが制服を着て機内アナウンスを体験した。

 今井帆乃花さん(12)は「緊張したけどうまくできた」と笑顔で、CAの仕事に「ちょっとやってみたくなった」と憧れを抱いた様子。パイロット姿になった大島功誠君(12)も「格好いい」と喜んでいた。

関連記事

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...