北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

まちの課題、市民解決を―有志集い「伊達未来会議」【伊達】

伊達150年記念事業の感想を披露する参加者

 伊達市民有志が集まり、将来のまちの在り方を議論する「伊達未来会議」がある。フェイスブック(FB)上で呼び掛け、十数人がそれぞれの意見を述べ、課題や自分たちにできる取り組みを考えている。会議を企画した浄土真宗本願寺派有珠山紋鼈寺の若院、奥田正弘さん(29)は「伊達の未来の課題は、自分たちで解決できる。行政に頼らなくてもできる取り組みはたくさんある」と意欲を見せている。

 奥田さんは今年6月、第1回の伊達未来会議を開催。その後、FBで「伊達の未来ラボ」のページを作った。「市民レベルでつながりを形成し、自分たちで行動していければ。まずは10人ほどで、伊達について感じている文句や不満を共有していきたい。この会議でできた“つながり”を生かして、具体的な動きを起こしてほしい」と目的を説明する。

 6月の会議では人口ピラミッドや平均年収、就労人口、出生率など、伊達市の人口統計を基に課題を話し合い、自分たちで解決できることを考えたという。

 10月末の会議は午後8時からスタート。集まったのは15人ほど。UターンやIターンを経験している人が目立つ。

 テーマは伊達150年記念事業を終えて感じたこと。奥田さんが進行役を務め、ドリンクを片手に参加者が自分の意見を紙に書き、表現していく。「縄文時代やアイヌ民族の文化を取り入れたものがあると良い」「150年記念をパロディーにした151年記念イベントをやるべき」など、活発な意見交換が行われた。

 会議を終えた奥田さんは「市民レベルでまちに対して何か言える場が必要。要望に応じて開催を考えたい」と今後を展望していた。

関連記事

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...

室蘭民報

室蘭美術界の過去、現在を一堂に【室蘭】

 高野次郎さんや西村喜久子さん、熊谷善正さんなど室蘭の美術界に名を残した歴代の作家と、現在も活躍中の作家の20人の作品が室蘭市幸町の市民美術館で一堂に展示されている。題して「室蘭美術の過去、現在-...

室蘭民報

見せ方工夫、鉄のアート―彫刻家・坂本さんが製鉄室蘭病院で個展【室蘭】

 室蘭市宮の森町の彫刻家、坂本正太郎さんによる個展「Sakamoto Shotaro Solo Exhibition eau(オー)-己が境界【KYOUGAI】にあらざるものをば-」が31日まで...

室蘭民報

スノーボード教室や雪像展示など…2月16日に「冬まつり」開催【室蘭】

 室蘭の冬の一大イベント「第41回むろらん冬まつり」(同実行委員会主催)が2月16日、室蘭市香川町のむろらん高原だんパラスキー場特設会場で開かれる。  冬まつりは午前10時スタート。スノーボー...

室蘭民報

オープンガバメント公開シンポジウムで大谷室蘭がオーディエンス賞【室蘭】

3年生の6人が「まちの魅力」伝える  大谷室蘭高校の3年生6人が20日、千葉市で開かれたオープンガバメント推進協議会の2019年度公開シンポジウム内で繰り広げられた、まちのPR合戦「シビックパワー...