北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市、3年連続で"聖地"に 人気漫画「僕だけがいない街」に風景登場

人気漫画「僕だけがいない街」がアニメの聖地に選ばれ、認定プレートを持参した鈴木専務(右)

 アニメツーリズム協会(東京)の「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に、苫小牧市出身の漫画家三部けいさんの人気作品「僕だけがいない街」と苫小牧市が3年連続で選出された。同作品には苫小牧市の風景が描かれており、市も観光振興に活用。その取り組みが評価され、同協会の役員が5日、市に認定プレートを贈呈した。人気漫画とのコラボによる観光誘客効果に、地元関係者も期待を寄せている。

 同作品は月刊漫画雑誌で2012年7月から約4年半連載されたサスペンス。作中には市科学センターや苫小牧美園小、商店街など苫小牧の風景が登場。映画やテレビアニメ、ドラマ化もされ、描かれた場所を訪れるファンも多い。

 同協会のアニメ聖地選定は17年から行っており、各候補地が官民連携で周遊ルートを整備し、インバウンド(訪日外国人旅行者)拡大や地域活性化などの効果を上げている。聖地選定は、国内外のファン投票と関係機関の協議で決定しており、今年は6月1日から約4カ月で約8万票が集まった。

 今月5日に市役所を訪れた同協会の役員が岩倉博文市長に認定プレートを贈呈。鈴木則道専務は「繰り返し訪れることで土地の魅力や文化を知ってもらえる」と聖地の魅力を強調。作品と地域や企業のつながり、魅力発信効果も挙げて「苫小牧を訪れた人たちがよい経験をできるよう提案もしたい」と語った。

 苫小牧では観光協会が18年から同作品にちなんだスタンプラリーを実施。今年は4日時点で115人が参加し、年間で昨年度とほぼ同数の300人程度を見込む。担当者が認定プレート贈呈の話題をSNS(インターネット交流サイト)に投稿すると、ファンから反響があったといい、苫小牧観光案内所に展示して呼び水の一つにする考えだ。

 胆振総合振興局によると、市内を訪れる観光入込客数は18年度が約199万人。年々増加しており、観光振興ビジョンで22年度までに260万人の目標を掲げる市も「アニメなどサブカルチャー的な部分も魅力の一つになるのでは」としている。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...