北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

発災から72時間までの対応をカードゲームで共有【登別】

「B72」を使って災害対応について考えた市社協の職員研修会(上)、市社協が地域展開を目指す「B72」のカード(下)

 登別市社会福祉協議会(山田正幸会長)は、発災から72時間までの災害対応について考えるカードゲーム「防災を科学するB72」の地域展開を目指している。先月28日の職員研修会で実際に体験。「地域の実情に合った災害への備えを考えることができる」(市社協)として具体的な検討を進める考えだ。

 「B72」は、防災72時間という意味で日本福祉大学の村川弘城助教らが考案。通常、被災地の隅々まで支援が行き渡るまでには、発災から72時間要するといわれ、それまでに起こりうる災害場面をグループ内で時系列に整理し、防災・減災意識を共有する。

 カードの内容は、地域の実情に合わせてカスタマイズできるため「普段の生活に合わせて内容を変更できるのでリアリティーがある。地域で必要な災害対応も共有できる」(市社協)という。

 研修会では、職員26人が実際に「B72」を体験。地震と水害を想定し、職員やデイサービスセンターなどの利用者が市総合福祉センター(片倉町)にとどまる場合、福祉避難所となった際に想定される必要な備えなどについて4人1グループで話し合った。

 市社協の坂本大輔係長は「職員全体で防災・減災の意識共有が図られた」と話し、参加した職員からは「災害時に職員として必要な行動がイメージできた」など高評価だったという。

 市社協は「全国的に災害が多発する中、市民の防災への関心は高まっている」として今後、地域展開を図るための具体的な検討を進めるという。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...