北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

コミスク導入の本室蘭中、体育の先生は地域の柔道家【室蘭】

生徒の練習相手になる今井紀義さん(右)

 室蘭市本室蘭中学校(前田仁志校長、163人)が本年度のコミュニティースクール導入を機に地域の人材を活用した学校運営を推し進めている。11月に入り1年生が体育の授業で、地域の柔道家から基本動作を直接学んでいる。「本物」に触れることで生徒の意識も違うようだ。

 「柔道は痛い、怖い、臭いといったイメージがあるかもしれない。何より大事なのは『けがをしない』『けがをさせない』こと」―。

 6日午後、校内の多目的室。白鳥台にある道場・牧羊館柔道の館長代理で同校の元PTA会長(現顧問)の今井紀義さん(51)は、柔道着姿の生徒を前にこう切り出した。

 中学校の体育で必修化された武道の外部講師として同校が特に招へいした。この日の授業は受け身の動作。今井さんは体育教諭に促され、模範の動作を見せたり、「ひじから背中を意識して」「手の甲ではなく手のひらをつくこと」「受け身を取るときは足を重ねずにずらす」と具体に教えた。

 「直接指導を受けてみて柔道はけがなくできるスポーツなんだと実感できました」とは高田真誠(まこと)さん(13)。久保遙音さん(13)も「運動は苦手なのですが、教わった通りにやってみると思っていたよりもできてうれしくて。少し興味を持ちました」と笑顔をみせた。

 今井さん自身もやりがいを感じている。転んでけがをする子どもが増えている実情を憂慮し「体を丸めて転ぶという柔道の基本動作を身に付けることが、未来ある子どものためになる」と考えている。

 仕事の傍ら週2回、道場で指導する今井さんは日中、日鉄テックスエンジ(仲町)の社員という顔を持つ。「職場や地域、学校の理解・協力があってこそ。子どもたちのためにできることに取り組んでいく」と話した。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義...

苫小牧民報

JR北海道、日高線バス転換で25億円支援案 7町に提示、検討へ

 JR北海道が廃止、バス転換方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、同社は4日、日高管内7町(日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町)に対し、バス転...

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス