北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊達赤十字病院が西胆振で最新式のCTスキャナーに更新【伊達】

伊達赤十字病院が導入し運用を開始した最新のCTスキャナー

 伊達赤十字病院(伊達市末永町、武智茂院長)は、コンピューター断層撮影(CT)スキャナー装置を10年ぶりに更新した。西胆振では最新式。デュアルエナジー技術を搭載し、従来のCT画像と比べ、被ばく低減、高画質を実現。撮影や画像処理の時間は大幅に短縮され、患者への負担軽減にもつながる。

 ●時間短縮、画質向上

 CTはエックス線を使用し身体の内部(断面)を画像化する検査。画像処理を実施することにより、身体の細かな情報を得ることができる。同エナジーは、管電圧の異なる2種類のエックス線を用いて撮影する技術。コントラスト向上などの画質改善効果が得られる。

 新CTスキャナー装置は、体型や部位に合わせて適切な撮影モードを選択。目や甲状腺などへの線量を低減させ、被ばく量は従来の半減。1分間の画像再構成処理枚数は旧CTの200~250枚を大幅に上回り、最大で2500枚になる。

 撮影、画像処理の時間も短縮。同病院によると、1日のCT受診者は40~50人。1人当たりの画像が完成するまでの時間は、従来の10分の1ほどにまで短縮できるという。さらに造影剤を軽減しての高画質な画像撮影が可能だ。検査時には、モニターに患者の氏名が表示され、確認作業などもスムーズという。

 導入価格は約7500万円。9月下旬から運用を始めた。同病院の山内修司放射線技師長は「被ばく低減や時間短縮など患者に優しく高性能。今まで見つけづらかった病気も見つけられるだろう」と最新の診断、治療をサポートする機能をPRする。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...