北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

今季最多の約400人が【新ひだか】

大野町長(左)から特賞の40型テレビを受け取る廣島さん(右)

【新ひだか】今シーズン最後のホッカイドウ競馬応援イベント「Aiba祭」が6日夜、静内木場町2の場外馬券発売所・Aiba静内隣りのさくらセレモニーホールで開かれ、今シーズン最多の約400人が来場し、大型スクリーンなどで門別競馬グランシャリオナイターを楽しんだ。

 新ひだか、新冠両町の関係団体でつくるホッカイドウ競馬支援事業実行委(委員長・大野克之新ひだか町長)が主催。ホッカイドウ競馬の売り上げ増へ、馬産地の応援イベントとして6月から今回を合わせて計4回の開催となった。

 この日も会場には、大勢の来場者が訪れ、町内飲食店が販売するソバ、焼き鳥などの軽食やビールを楽しみながらレースに熱中。第11レースでは「Aiba静内祭特別」が行われ、様似町の様似堀牧場生産のキタアルプスが優勝した。

 今回はこれまでのガラポン抽選機による抽選会から、最終レース終了後に馬券2000円分を1口に参加できる抽選会となり、特賞のSHARP40型テレビをはじめ、新ひだか建設協会、新ひだか観光協会などが協賛する海産物や地場産品セットなど約70本の豪華景品を目当てに、今年最後の勝負と会場は熱気に包まれた。

 最後の特賞の抽選を前に、大野町長は「馬券もかなり売れており、応援ありがとうございます」と来場者にあいさつ。見事特賞をゲットしたのは、新冠町で建設業を営む廣島功さん。「馬券は外れたが、抽選会で特賞が当たりうれしい」と笑顔で話した。

 この日のAiba静内の売り上げは計画比587・92%の388万300円(ホッカイドウ競馬のみ)だった。ホッカイドウ競馬は7日にシーズン最終日を迎えた。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...