北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館オペラの会、17日に喜歌劇「こうもり」【函館】

公演に向けて練習に取り組む管弦楽団とキャスト陣

 函館オペラの会(大坂吉明会長)は17日午後2時から、函館市芸術ホールで第23回公演、喜歌劇「こうもり」(ヨハン・シュトラウス作曲)を上演する。1995年の第5回以来の再演で、親しみやすい音楽に合わせて楽しい物語が繰り広げられる。

 函館市民文化祭の舞台部門として上演。90年に函館市民オペラの会として発足し、91年から公演を開始し、2014年に現名称となった。今回は2年ぶりの公演で、春から準備を進め、市民オペラ常連のベテランから、中堅、若手とバランス良くキャストを取りそろえた。演出は中村勝雄さん、函館オペラ管弦楽団(38人)の指揮は阿部哲治さんが務める。

 物語はアイゼンシュタイン(槌賀信基さん)に恥をかかされたファルケ(井上治さん)が仕返しを誓う場面から始まり、全3幕で構成。第2幕「オルロフスキー公爵邸主催のパーティー」では、約30人の合唱団も加わり、華やかな舞踏会のシーンを演出。岡島緑バレエスタジオによるバレエも舞台に花を添える。

 アイゼンシュタインの妻ロザリンデ役で出演する声楽家の佐藤朋子さんは今回が初出演で「とても明るくて見た人をハッピーにする喜劇。ぜひ笑って見ていただければ」と話す。

 大坂会長は「音楽が非常に楽しい作品。美しいメロディーがたくさん出てくるので最後まで楽しめる。オペラが初めての人も複雑な話もなく、退屈しない作品なので来場して楽しんでもらえれば」と話している。

 チケットは一般2500円、高校生以下1500円。同ホールなどで取り扱い。問い合わせは同ホール(0138・55・3521)へ。

 函館オペラの会は、喜歌劇「こうもり」に函館新聞読者5人を招待する。希望者は、はがきに住所、氏名、年齢、連絡先、電話番号を記入し、〒040・0001 函館市五稜郭町37の8 函館市芸術ホール「函館オペラの会 函館新聞読者プレゼント」係まで送る。12日必着。当選者には個別に連絡する。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...