北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

店内歩いて健康づくり イオン苫小牧ウオーキングコース設置-道内2カ所目

スタート地点に立て看板を置いて利用をアピールする社員

 イオンモール苫小牧(苫小牧市柳町)が今月、店内にウオーキングコースを設けた。6カ所のチェックポイントを巡る延べ1187メートルのコースは天候に左右されず、買い物ついでに気軽に歩いて、健康づくりに取り組める。担当者は「季節を問わず快適なウオーキングコースとして定着すれば」と期待する。

 ウオーキングコースはイオン北海道(札幌)が社会貢献の一環で、道内のイオンモール6店舗に12月までに順次導入予定。9月の札幌平岡店に続き、2カ所目となる。

 専門店東入り口がスタート・ゴール地点。1階フロアのチェックポイントを通過し、階段で2階に上がる。チェックポイントを経て、階段で1階に降り、スタート地点に戻ってゴールとなる。

 床に矢印などのコース案内を記し、チェックポイントごとに距離数と消費カロリー数も記載。延べ1187メートルを歩くと、53キロカロリーが消費される計算だ。

 同店は▽買い物しながら健康づくりができる▽雨や雪に左右されず気軽に歩ける▽自動販売機で飲み物を買い、ソファやベンチで休みながら自分のペースで臨める―などを店内ウオーキングのメリットとして挙げる。現時点でスタンプラリーなどの企画は用意しておらず、来店者に自由に利用してもらっている。

 松川泉営業マネージャーは「冬も快適で安全にウオーキングができる。買い物の途中にでもコースを歩き、健康寿命を延ばしてほしい」とアピールしている。

関連記事

苫小牧民報

新聞用紙の需要減、生産体制を再構築 N―1抄紙機、9月末で停止―王子製紙苫..

 製紙大手の王子製紙(本社東京都)は24日、苫小牧工場で新聞用紙を製造する抄紙機1台(N―1マシン)を今年9月末に停止すると発表した。新聞用紙の需要減少に伴う対応で、生産体制を再構築する。約520...

苫小牧民報

冬の祭典、開幕祝う 「支笏湖氷濤まつり」セレモニー

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」のオープニングセレモニーが25日午前、支笏湖湖畔のまつり会場にある氷の特設ステージで行われた。最初の週末は穏やかな天候に恵まれ、約200人の来場客を前に42回...

日高報知新聞

今年は40億突破目指す【平取】

【平取】びらとり農協のびらとり野菜振興会トマト・胡瓜部会(石浦政司部会長、会員158人)の「第31回定期総会および反省会」が22日、びらとり農協本所2階大会議室で開かれた。  開会で石浦部会長が「ト...

日高報知新聞

えりも町は8億円突破

【えりも・浦河】えりも町の2019年度のふるさと納税による全国からの寄付は、4月~12月までの9カ月間で約8億4600万円(約2万9000件)になった。同町で過去最高だった15年度(平成27年度)の年間...

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...