北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

秋サケ、今季も不漁か 当初健闘も昨年並みに-胆振地区の定置網漁

サケを水揚げする漁業者=9日午前4時ごろ、苫小牧港漁港区

 胆振地区の秋サケ定置網漁の漁獲は今季、不漁だった昨年並みの水準にとどまっている。10月末現在60万1771匹で前年同期比0・4%(約2100匹)増。9月の解禁直後はまずまずだったが、10月下旬(21~31日)は各漁協で軒並み前年を下回り、不漁の傾向が顕著になりつつある。苫小牧漁協は健闘していたが、当初の好漁の期待から一転して価格も抑え気味といい、漁の回復などを願う声は切実だ。

 胆振海区漁業調整委員会がまとめたデータによると、噴火湾を除く胆振沿岸の漁獲量は10月末現在、45万735匹で前年同期比1・7%(約7300匹)増とほぼ前年並み。金額は約8億2500万円で13・7%(約1億3100万円)減にとどまっている。

 漁獲量の漁協別内訳は、苫小牧が15万8261匹で4・8%(約7200匹)増。鵡川が4万5377匹で142・3%(約2万6600匹)増。いぶり中央、室蘭両漁協が前年割れする中、苫小牧、鵡川両漁協が胆振沿岸の水揚げをけん引している。

 一方、漁獲量は季節を追うごとに落ちている。10月下旬は噴火湾を除く胆振沿岸で9万9861匹にとどまり、19・7%(約2万4400匹)の大幅減。苫小牧が3万1762匹で2・3%(約700匹)減。鵡川が2302匹で19・5%(約500匹)減となっており、いぶり中央、室蘭も軒並み下落している。

 恵庭市のさけます・内水面水産試験場は「えりも以西海域は今季、前年よりも3割近く増えると見込んだが、思ったよりも少ない」と説明。2017年の記録的不漁以降、低調な傾向が続いており「主体になる4年魚が伸びを欠いているよう。原因はいろんな要素が考えられるので分析したい」と説明する。

 苫小牧は沿岸に定置網5カ統の権利を持ち、漁船3隻で回しているが、11月に入ってからは漁獲の落ち込みを踏まえ、漁に適した好天でもあえて隔日操業にしている。

 9日に出漁した「錦漁丸」の船長、高島昭彦さん(60)は「全然だめ。10月後半から獲れなくなってきた。今は2日分でも100~200匹ぐらい」と嘆き、「12月3日の漁期まで操業するが、何とか上向いてくれないと」と願っていた。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...