北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

行政に依存せず努力―商工会議所・菅新会頭に聞く【伊達】

会頭就任の抱負などを語る菅氏

 伊達商工会議所の新会頭に就任した菅俊治氏=菅設計企画代表取締役。地域経済発展、まちづくりへ走り出した。新会頭に今後の抱負などを聞いた。

 ―会頭に就任した心境、抱負は。

 「4期12年間務めた寿浅(弘幸)前会頭の後は非常に大変だが、自分なりの形で精いっぱいやるだけ。われわれ民間も努力が必要で、行政への依存系ではいけない。各委員会などと話し合い、創造、発想し勉強し合い、まちの行く末を考えていきたい。そして若く有能な若い世代にどうスムーズにバトンを渡していくか。今は掛け渡しの時と考えている」

 ―各業界では人手不足などが叫ばれている。

 「人手不足、少子高齢化は伊達に限ったことではない。その中で、商工会議所が『伊達で働きたい』『伊達に住みたい』という人たちの窓口となり、会員とを結び付ける仲人、ドッキングする役目になるようにしたい。また、いわゆる引きこもりの人たちをどう引き出すか、も重要。伊達市独自の働き方改革も再考したい」

 ―ほかに課題は。

 「廃業などによる会員の減少も課題。より親身になって相談に乗ることが少しでも会員減少の歯止めにつながると思う。基本に戻りたい。また(空きビル状態の)伊達経済センター(網代町)は方向性を示して、市と協調性を持って進めていきたい」

 ―来年、白老町にアイヌ文化復興・創造の拠点「民族共生象徴空間」(ウポポイ)が開館する。札幌では東京五輪のマラソンが開催される。

 「室蘭、登別などの商工会議所と連携していくことが大切と思う。トータルの観光ルートをエージェントなどへ働き掛け、提案することが大切。しかし、ただ待っているだけではいけない。地元の飲食店などもハイクオリティー、ハイセンスに努めなければならないだろう」

   

 すが・しゅんじ サハリン生まれ。高校までをオホーツク管内斜里町で過ごす。中央工学校建築科卒。1978年(昭和53年)に菅設計企画設立。88年に法人化を図り、代表取締役に就任し現在に至る。72歳。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義...

苫小牧民報

JR北海道、日高線バス転換で25億円支援案 7町に提示、検討へ

 JR北海道が廃止、バス転換方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、同社は4日、日高管内7町(日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町)に対し、バス転...

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス