北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

旧絵鞆小で光る絵本展開催、市民有志がCF実施【室蘭】

西野亮廣さんの最新作「チックタック~約束の時計台」(幻冬舎刊)の表紙。室蘭で同絵本を題材にした光る絵本展が開催される

 お笑いコンビ「キングコング」の一人で、絵本作家としても知られる西野亮廣さんの作品を集めた「光る絵本展」が30日から2日間、室蘭市の旧絵鞆小学校円形校舎で開かれる見通しとなった。市民有志が「歴史的建造物活用のヒントになれば」と実行委員会を立ち上げ、近くクラウドファンディング(CF)で支援を募る。最新絵本「チックタック」のパネル41点を展示、幻想的な世界を届ける。

 光る絵本展は、道内各地や海外でも開催されており「世界的にも評価されている」(実行委)イベント。原画をフィルムにプリントしLEDで光らせるパネルが特徴で暗闇の中で光る絵本が独特の空間を演出する。

光る絵本展開催への思いを語る橋本実行委員長

 ウェブ上の会員制コミュニティー「西野亮廣エンタメ研究所」オンラインサロンメンバーの橋本詩穂さん(38)=登別市在住=が、円形校舎の一つの体育館棟の解体方針や団体の存続運動を知り企画。「見せ方によってはすてきな活用ができるという提案をしたい」との思いを実行した。

 10月から仲間の輪を広げて実行委を組織した。過去に札幌で開催した実績がある団体やパネルの所有者、西野さん側との調整に奔走。市教委に趣旨を繰り返し伝えた。関係者の厚意で、急きょ開催できることになった。 当日は絵本と室蘭夜景のコラボレーションを意識した展示手法で、来場者を楽しませる。会場は校舎棟3階のガラス張りの一角を利用。パネルを窓に向けて設置し、絵本とガラスに映る絵本、屋外の白鳥大橋や工場夜景が「光の共演」を繰り広げる。

 入場券は前売りのみで、高校生以上500円、中学生以下無料に設定する。現在は販売手法などの詳細を詰めている。開催経費はCFで調達する考えで、目標額を80万円に設定、近く開始する。リターンは入場券や運営スタッフとしての参加権などを用意した。

 橋本さんは「ぜひ2棟があるうちに実現したかった。地域住民や子どもたちに素晴らしい作品を見てもらいたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

光の幻想空間 十勝川温泉の「彩凛華」【音更】

 十勝川温泉の冬を彩る「第29回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が25日午後7時、音更町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕する。2月24日までの31日間、雪原に...

室蘭民報

室蘭美術界の過去、現在を一堂に【室蘭】

 高野次郎さんや西村喜久子さん、熊谷善正さんなど室蘭の美術界に名を残した歴代の作家と、現在も活躍中の作家の20人の作品が室蘭市幸町の市民美術館で一堂に展示されている。題して「室蘭美術の過去、現在-...

室蘭民報

見せ方工夫、鉄のアート―彫刻家・坂本さんが製鉄室蘭病院で個展【室蘭】

 室蘭市宮の森町の彫刻家、坂本正太郎さんによる個展「Sakamoto Shotaro Solo Exhibition eau(オー)-己が境界【KYOUGAI】にあらざるものをば-」が31日まで...

室蘭民報

スノーボード教室や雪像展示など…2月16日に「冬まつり」開催【室蘭】

 室蘭の冬の一大イベント「第41回むろらん冬まつり」(同実行委員会主催)が2月16日、室蘭市香川町のむろらん高原だんパラスキー場特設会場で開かれる。  冬まつりは午前10時スタート。スノーボー...

室蘭民報

オープンガバメント公開シンポジウムで大谷室蘭がオーディエンス賞【室蘭】

3年生の6人が「まちの魅力」伝える  大谷室蘭高校の3年生6人が20日、千葉市で開かれたオープンガバメント推進協議会の2019年度公開シンポジウム内で繰り広げられた、まちのPR合戦「シビックパワー...