北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「世界最高のチーズを」 国際コンで銅賞の共働学舎【新得】

 ワールドチーズアワード2019(10月、イタリア)で、カマンベールタイプの「笹ゆき」が銅賞のブロンズメダルを獲得した共働学舎新得農場(宮嶋望代表)。国産ナチュラルチーズの第一人者として結果に満足せず、「究極はハードタイプで世界最高の物を作りたい」(宮嶋代表)と高みを目指す。

「笹ゆき」を手にする畠山さん

 「笹ゆき」はクマザサのパウダーを混ぜた塩を用い、仕上げにクマザサを巻いたチーズ。熟成が早く進み、臭みが少ないのが特長という。カマンベールタイプを担当する畠山楓さん(21)は同農場で働き始めて3年目で、「私自身は世界大会出品は初めてなのであまり実感はないが、ようやく世界で認められる物ができた。ただ、自信はあったので悔しい」と話す。

 過去には世界最高賞を獲得したこともあり、本場欧州でも一目置かれる存在の同農場としても「もちろん悔しい」と宮嶋代表。同農場でチーズ作りを学んだ“弟子”たちが、今大会も含め国内外のコンテストで活躍していることに刺激を受ける。

 同農場では昨年までに牛の餌を、欧州のハードタイプ向きの牛と同じ体系に切り替えた。宮嶋代表は「ミルクは良くなったが、それで欧州と同じ作り方をして自動的にチーズが良くなるわけではない。焦らずに、軟水の日本に合った作り方にアジャストしていく。今は新しいチャレンジの段階」と語る。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...