北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「世界最高のチーズを」 国際コンで銅賞の共働学舎【新得】

 ワールドチーズアワード2019(10月、イタリア)で、カマンベールタイプの「笹ゆき」が銅賞のブロンズメダルを獲得した共働学舎新得農場(宮嶋望代表)。国産ナチュラルチーズの第一人者として結果に満足せず、「究極はハードタイプで世界最高の物を作りたい」(宮嶋代表)と高みを目指す。

「笹ゆき」を手にする畠山さん

 「笹ゆき」はクマザサのパウダーを混ぜた塩を用い、仕上げにクマザサを巻いたチーズ。熟成が早く進み、臭みが少ないのが特長という。カマンベールタイプを担当する畠山楓さん(21)は同農場で働き始めて3年目で、「私自身は世界大会出品は初めてなのであまり実感はないが、ようやく世界で認められる物ができた。ただ、自信はあったので悔しい」と話す。

 過去には世界最高賞を獲得したこともあり、本場欧州でも一目置かれる存在の同農場としても「もちろん悔しい」と宮嶋代表。同農場でチーズ作りを学んだ“弟子”たちが、今大会も含め国内外のコンテストで活躍していることに刺激を受ける。

 同農場では昨年までに牛の餌を、欧州のハードタイプ向きの牛と同じ体系に切り替えた。宮嶋代表は「ミルクは良くなったが、それで欧州と同じ作り方をして自動的にチーズが良くなるわけではない。焦らずに、軟水の日本に合った作り方にアジャストしていく。今は新しいチャレンジの段階」と語る。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...

十勝毎日新聞

清水の「牛とろ丼」は準優勝 全国ご当地どんぶり選手権【東京】

 ご当地丼料理の日本一を競う「第11回全国ご当地どんぶり選手権」の結果発表が19日、会場の東京ドームで行われた。8回目の出場となった十勝スロウフード(清水町、藤田惠社長)の「十勝牛とろ丼」は、...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...