北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「世界最高のチーズを」 国際コンで銅賞の共働学舎【新得】

 ワールドチーズアワード2019(10月、イタリア)で、カマンベールタイプの「笹ゆき」が銅賞のブロンズメダルを獲得した共働学舎新得農場(宮嶋望代表)。国産ナチュラルチーズの第一人者として結果に満足せず、「究極はハードタイプで世界最高の物を作りたい」(宮嶋代表)と高みを目指す。

「笹ゆき」を手にする畠山さん

 「笹ゆき」はクマザサのパウダーを混ぜた塩を用い、仕上げにクマザサを巻いたチーズ。熟成が早く進み、臭みが少ないのが特長という。カマンベールタイプを担当する畠山楓さん(21)は同農場で働き始めて3年目で、「私自身は世界大会出品は初めてなのであまり実感はないが、ようやく世界で認められる物ができた。ただ、自信はあったので悔しい」と話す。

 過去には世界最高賞を獲得したこともあり、本場欧州でも一目置かれる存在の同農場としても「もちろん悔しい」と宮嶋代表。同農場でチーズ作りを学んだ“弟子”たちが、今大会も含め国内外のコンテストで活躍していることに刺激を受ける。

 同農場では昨年までに牛の餌を、欧州のハードタイプ向きの牛と同じ体系に切り替えた。宮嶋代表は「ミルクは良くなったが、それで欧州と同じ作り方をして自動的にチーズが良くなるわけではない。焦らずに、軟水の日本に合った作り方にアジャストしていく。今は新しいチャレンジの段階」と語る。

関連記事

室蘭民報

あすなろでドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」を限定販売【洞爺湖】

500個限定販売  洞爺湖町入江のデイセンターあすなろでは、ドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」の製造が最盛期を迎えている。今年は500個限定。ラム酒に漬け込んだレーズンやオレンジピール、レモンピ...

室蘭民報

ザ・ウィンザーホテル洞爺飯島総料理長が「ベジミクロ」を活用【洞爺湖】

西胆振産の野菜、もっと使いたい  最高級のおもてなしで知られるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(洞爺湖町)。料飲担当理事で、総料理長の飯島豪さん(54)は、西胆振の豊富な食材を積極的に取り...

室蘭民報

中井英策商店で「キンキのいずし」の製造が大詰め【伊達】

 師走に入り、中井英策商店(伊達市南稀府町、及川昌弘代表取締役社長)で、「キンキのいずし」の製造が大詰めを迎えている。伊達市の名産とあって、従業員が彩り鮮やかに詰め込んでいる。  同社はハタハ...

十勝毎日新聞

十勝ワイン新酒 豪快に 楽しむ会【帯広】

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら54人が参加。11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2019を中心に、ワインと料理を楽しんだ。  同会...

室蘭民報

スイーツいかが…「うずらプリン」の製造がピーク【室蘭】

 室蘭うずら園(三浦忠雄代表取締役)の人気商品「室蘭うずらのプリン」が、歳末商戦向けに製造がピークを迎えている。室蘭市石川町の同社工場内は、甘い香りに包まれている。  同プリンは、餌を工夫して...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス