北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

カヌーを楽しむ一行=10月30日支笏湖畔の千歳川(提供)

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。

 日本政府観光局(JNTO)が台湾の高校の校長や文部省担当者ら80人を招致。北海道から沖縄まで国内13地区を視察した。道内では、北海道訪日教育旅行促進協議会が10月29日から11月2日まで一行を受け入れた。

 台湾では教育旅行(修学旅行)の行き先として日本の人気が高く、教育旅行を実施する学校の9割が訪れているという。教育旅行は、国際交流や外国語学習など教育的メリット、経済効果や将来のリピーター層の獲得が期待できる点から行政や観光業界が注目している。

 北海道を訪れた一行は10月30日に千歳市の支笏湖でカヌー体験、千歳高校では美術や書道の授業などを見学した。この後、深川の農家でファームスティを体験。31日は深川で農業体験やリンゴ狩りを楽しんだ。11月1日は名寄でカーリングなどを行った。札幌では北海道訪日教育旅行促進協議会と意見交換会を催し、2日に帰国した。

 意見交換会に出席した同協議会メンバーの道運輸局の担当者は「視察には実績のある施設をピックアップした。カヌーとカーリングが好評だった」と振り返り、来年度以降の旅行実現に向けて前向きな感触を得た。台湾の教育旅行シーズンは4~5月と11~12月とそれぞれピークがあるため、「春はカヌー、冬はスキーとカーリングをアピールしたい」と期待を込める。

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...