北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

受賞を喜ぶ米子代表(中央)と会員、後列右は高野教育長

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和元年度優良読書グループ北海道表彰本賞が伝達された。

 同協議会の秋の読書週間にちなんだ表彰で、日ごろから積極的な読書活動に取り組む道内各地のグループを表彰しており、本年度の本賞受賞は5団体。

 「日本の古典を読む会」は昭和45年に当時の静内町図書館(現新ひだか町)の司書の助言で発足。毎週木曜日午前10時から正午まで町図書館で活動(夏・冬・春休み期間は休み)している。

 源氏物語や枕草子など日本の古典の物語の原文を朗読してから、訳すだけでなく地図や当時の平安文化を調べてより深く具体的に物語の世界観に迫る。楽しく和気あいあいと会話を楽しみながら、登場人物の心情や感想を会員同士が共有することでお互いを刺激し合っている。

 この日は、会員が見守る中、高野教育長から米子代表(77)が表彰状と記念品を受け取った。高野教育長は「50年間の活動は他の模範になること。古典を読む活動を今後も継続しほしい」と激励した。

 米子代表は「継続してきたことが表彰につながりうれしい」と会員と共に喜びを噛み締めていた。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...