北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

受賞を喜ぶ米子代表(中央)と会員、後列右は高野教育長

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和元年度優良読書グループ北海道表彰本賞が伝達された。

 同協議会の秋の読書週間にちなんだ表彰で、日ごろから積極的な読書活動に取り組む道内各地のグループを表彰しており、本年度の本賞受賞は5団体。

 「日本の古典を読む会」は昭和45年に当時の静内町図書館(現新ひだか町)の司書の助言で発足。毎週木曜日午前10時から正午まで町図書館で活動(夏・冬・春休み期間は休み)している。

 源氏物語や枕草子など日本の古典の物語の原文を朗読してから、訳すだけでなく地図や当時の平安文化を調べてより深く具体的に物語の世界観に迫る。楽しく和気あいあいと会話を楽しみながら、登場人物の心情や感想を会員同士が共有することでお互いを刺激し合っている。

 この日は、会員が見守る中、高野教育長から米子代表(77)が表彰状と記念品を受け取った。高野教育長は「50年間の活動は他の模範になること。古典を読む活動を今後も継続しほしい」と激励した。

 米子代表は「継続してきたことが表彰につながりうれしい」と会員と共に喜びを噛み締めていた。

関連記事

日高報知新聞

子どもかるた 小中とも浦河優勝【浦河】

 日高地区子ども会育成連絡協議会(飯田美和子会長)主催の第23回北海道子どもかるた大会日高地区予選大会が18日、浦河町ファミリースポーツセンターで開かれ、小学生の部は柊(ひいらぎ)の華炎、中学生の...

日高報知新聞

全日高小・中学生スピードスケート競技大会で21種目争う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の第40回全日高小・中学生スピードスケート競技大会が19日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。小学1年生から中学生までが出場し、男女21種目でタイムを競...

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...