北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「楽しく生きるため運動を」 女優いとうさん介護予防で講話

介護予防の大切さを伝えるいとうまい子さん(右)

 女優として活躍する傍ら、介護予防ロボットの研究、開発に取り組むいとうまい子さんによる介護予防講話が11日、苫小牧市柳町のイオンモール苫小牧で行われた。介護の日(11月11日)にちなんだ企画で、道主催の「介護のしごと普及啓発事業」の一環。いとうさんは「楽しく生きていくためにも、運動習慣を身に付けて」と呼び掛けた。

 いとうさんは40代で早稲田大学人間科学部eスクールに入学し、予防医学などを研究。同大の大学院に進み、筋力や運動機能が低下して介護を必要とするリスクが高まる「ロコモティブシンドローム(ロコモ)」の予防研究にも取り組んできた。

 講話の中でいとうさんは、企業と共同開発したウサギ型のロボット「ロコピョン」を紹介。ロボットが利用者を1日3回呼び出し、設定回数分のスクワットを促すもので、回数のカウントや運動をする上での注意事項を含めて音声案内する。

 いとうさんは「ロコピョンは、ひとり暮らしの高齢者にも運動習慣を身に付けてもらいたい―という思いから誕生した」と強調。健康寿命をできるだけ延ばすには、ロコモの予防が何よりも重要だと強調。「皆さんの意識の中にロコモ予防の大切さを浸透させたい」と力を込めた。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝の花」知って 情熱と誇りと【十勝】

 道の花き振興条例や「北海道花の日」(8月7日)の制定を受け、管内の切り花生産者らは「十勝の花」の認知度が向上することに期待を寄せている。畑作と畜産が圧倒的に主力の十勝で、花き栽培は地域農業の多様...

十勝毎日新聞

インターアクトクラブ40年ぶり復活 大谷高生が奉仕活動【帯広】

 帯広北ロータリークラブ(RC、関口亘会長)は組織内に、12~18歳のメンバーで構成する「インターアクトクラブ」を立ち上げた。帯広大谷高校のボランティア部や生徒会の生徒らが所属し、社会人や大学生...

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

鮮やかな青に「月島機械」 ラッピングバスお披露目【室蘭】

道南バス、きょうから運行  道南バス(室蘭市東町)は11日、環境プラント・産業機械の月島機械(東京)のラッピングバスをお披露目した。きょう12日から市内3路線で運行する。  車体の前後と側面を...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...