北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「飯寿し」を正月料理に【えりも】

札幌や十勝方面からも駆け付け飯寿しの漬け込みに励む参加者

【えりも】えりも初冬の恒例行事「サケの飯寿しづくり」体験が9、10の両日、道栽培漁業えりもセンターと歌別生活館で行われ、札幌や十勝方面などからも含め16組25人が参加して「えりもの冬の味づくり」を体験した。

 平成21年からえりも地域力発掘協議会(高橋祐之会長)の主催で続けており、一昨年のみ秋サケの極端な不漁で中止したが、参加者の多くは町内に1泊する根強い人気を保ってる。

 初日は午後から、えりも港湾敷地内の栽培センターで、全長60㌢ほどの銀鱗輝く生サケ2匹と野菜・調味料を含めて1万6000円(3匹は2万3000円)で購入して、町内の「銀寿し」店主・久慈裕文さんから、サケの3枚下ろしと切り身づくりの手順を教わり、指定の調理台へ。身の解体を終えた後は、2時間の水浸しと水切りをして一晩同センターに寝かせる作業で終了。

 2日目は歌別生活館での漬け込み作業で、毎年1月の漬物コンクールに入選常連の渡部智佳子さん(53)さんを講師に、ダイコンなど野菜の皮はぎと千切りから開始。

 講師の説明とスクリーン映像、さらに高橋会長、えりも漁協えりも岬女性部の川﨑尚子さん、同漁協直売所の小林隆さん、町、漁協スタッフら10人のアドバイスを受けながら、野菜、サケ、調味料などを交互に混ぜて持参の樽に漬け込んだ。

 札幌市から夫婦で初参加の小倉拓也さん(52)は「飯寿しづくりは初参加です。逆さ重石の乗せ方まで丁寧に教えてもらったので、正月料理で食べるのが楽しみです」と話していた。

 町産業振興課では、希望者への定期連絡を電話やメールで行うことにしている。

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...