北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

馬に食べさせ草刈り いぶり自然学校、植苗小中で試行

熱心に「草刈り」する馬のナナ

 苫小牧市のNPO法人いぶり自然学校(上田融代表)は12日、苫小牧植苗小中学校で馬による草刈りを試行した。上田代表が会長を務める市環境基本計画推進会議の10月の会合で、来年度の事業案として浮上した企画。馬が食欲の赴くまま草を食べて効果を上げつつ、児童も触れ合って環境について学んだりし、上田代表(45)は「有意義な時間になった」と笑顔を見せた。

 公共施設の草刈りを馬が代行して人力や草刈り機の燃料を省き、馬ふんも堆肥として有効活用する企画。この日は事業化を見据えた実績づくりを目的に、いぶり自然学校で所有する馬の「ナナ」が敷地内4アールのクマザサを食べて草刈りし、同小1、2年生15人の授業にも活用した。

 ナナはばん馬と外国馬との交配種の牝で5歳。牧草を1日に15キロ以上を食べるといい、クマザサはおやつ程度。電気柵を張り巡らせた敷地内で、ナナはおいしそうにクマザサをはんでいた。児童や生徒らが休み時間に周囲に集まっても微動だにせず、落ち着いた仕事ぶりを見せた。

 1、2年生の児童は「生き物と仲良く」を授業テーマにナナと触れ合った。クマザサを集めて餌やりし、丁寧にブラッシング。2年生の諸橋翔太君(8)は最初はおっかなびっくりだったが「おなかに触ったらちょっと温かかった。もう怖くない」と笑顔だった。

 馬ふんも集めて、来春まで発酵させ、肥料として使う。

 上田代表は「単なる草刈りも馬がいるだけで、宝物のような空間になる」と強調。「『馬が蹴るから危ない』などと心配する人もいるが、しっかり仕事も授業もこなしてくれた。苫小牧の学校では馬が草を刈っている―と注目度を高める事業になるかもしれない」と期待を込めた。

関連記事

苫小牧民報

日高線廃止、調整継続へ JRと7町、最終合意に至らず

 JR北海道が廃止・バス転換の方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は28日、臨時町長会議を開き、来年3月末の廃止に向けて協議したが、最終合意には至らなかっ...

苫小牧民報

森林の再生を願い 土砂崩れ斜面に植栽-上厚真小児童

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)5年生は28日、一昨年9月の胆振東部地震による土砂崩れで崩壊した同町幌内地区の町有林に植栽を行った。学校で1年間育ててきた苗木を、緑が削り落とされた林地に植...

日高報知新聞

東洋小は最後の運動会【えりも】

【えりも】秋の日差しに恵まれた27日、えりも、東洋、笛舞3小学校の運動会が午前中限定で開かれ、児童たちが元気はつらつと競技に励んだ。庶野、えりも岬小を含む町内5校とも新型コロナウイルス感染拡大防止で...

日高報知新聞

10月23日合意書署名へ

【新ひだか】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)による日高管内臨時町長会議が28日、町公民館で開かれ、運休中のJR日高線鵡川―様似間(116㌔)について、来年3月末で同区間を廃止し、4月からバス転換す...

釧路新聞

「夕陽ノロッコ号」運行初日【釧路】

  世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が28日、運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、30日までの3日間運行...