北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

西部地区のにぎわい創出へ 異業種交流グループ「にし活」発足

「にし活」設立メンバーの(左から)太田さん、石見さん、八島さん、中田さん

 苫小牧市西部地区の活性化を目指し、同地区の飲食店やエステサロン経営者ら4人が12日、異業種交流グループ「にし活」を発足させた。イベント開催によるにぎわい創出に加え、高齢者施設訪問やインターネットを使った情報発信、他団体主催のイベントへの参加などを通じて、市民に同地区の魅力を再発見してもらいたい考えだ。

 設立メンバーは、ぱん工房むぎ麦(澄川町)の石見勝政オーナー(42)、雑貨などを取り扱う工房Kei(柏木町)の中田圭子代表(60)、エステティックサロンセルフィッシュ(川沿町)の八島恵美子代表(46)、食品調味料製造業TSOスタッフ(日新町)の太田正輝社長(59)の4人。

 石見さんが会長、中田さんが副会長に就任し、八島さんは事務局長、太田さんは顧問を務める。

 市内は、中心部から西部地区にかけて少子高齢化が進行。児童数の減少も著しく、2020年3月末に明徳小学校(明徳町)の閉校も決まっている。

 こうした現状に焦燥感を抱く4人は、1年ほど前から地元の活性化策を話し合うように。具体的な活動に移すためこの日、TSOスタッフの事務所に集まって、趣旨に賛同する飲食店やサロンの経営者、講師業を営む人など会員数15人で団体を立ち上げた。

 にし活では独自のイベント開催をはじめ、幼稚園や高齢者施設訪問、他団体主催のイベントに参加して会場の盛り上げに貢献するといった活動を展望している。勉強会やインターネットを使った会員企業のPRなども構想。白老町も活動エリアとし、業種の枠を超えた広域的な交流によって地域の活性化を狙う。

 活動の第1弾として、来年3月に西部地区でのイベント開催を計画。準備と並行し、会員募集にも着手する方針だ。

 石見さんは「団体名の『活』には活動や活気、活躍という意味を込めた」と強調。「地元に元気を呼び込み、みんなが生き生きと過ごせるような地域をつくりたい」と意気込む。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...