北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

西部地区のにぎわい創出へ 異業種交流グループ「にし活」発足

「にし活」設立メンバーの(左から)太田さん、石見さん、八島さん、中田さん

 苫小牧市西部地区の活性化を目指し、同地区の飲食店やエステサロン経営者ら4人が12日、異業種交流グループ「にし活」を発足させた。イベント開催によるにぎわい創出に加え、高齢者施設訪問やインターネットを使った情報発信、他団体主催のイベントへの参加などを通じて、市民に同地区の魅力を再発見してもらいたい考えだ。

 設立メンバーは、ぱん工房むぎ麦(澄川町)の石見勝政オーナー(42)、雑貨などを取り扱う工房Kei(柏木町)の中田圭子代表(60)、エステティックサロンセルフィッシュ(川沿町)の八島恵美子代表(46)、食品調味料製造業TSOスタッフ(日新町)の太田正輝社長(59)の4人。

 石見さんが会長、中田さんが副会長に就任し、八島さんは事務局長、太田さんは顧問を務める。

 市内は、中心部から西部地区にかけて少子高齢化が進行。児童数の減少も著しく、2020年3月末に明徳小学校(明徳町)の閉校も決まっている。

 こうした現状に焦燥感を抱く4人は、1年ほど前から地元の活性化策を話し合うように。具体的な活動に移すためこの日、TSOスタッフの事務所に集まって、趣旨に賛同する飲食店やサロンの経営者、講師業を営む人など会員数15人で団体を立ち上げた。

 にし活では独自のイベント開催をはじめ、幼稚園や高齢者施設訪問、他団体主催のイベントに参加して会場の盛り上げに貢献するといった活動を展望している。勉強会やインターネットを使った会員企業のPRなども構想。白老町も活動エリアとし、業種の枠を超えた広域的な交流によって地域の活性化を狙う。

 活動の第1弾として、来年3月に西部地区でのイベント開催を計画。準備と並行し、会員募集にも着手する方針だ。

 石見さんは「団体名の『活』には活動や活気、活躍という意味を込めた」と強調。「地元に元気を呼び込み、みんなが生き生きと過ごせるような地域をつくりたい」と意気込む。

関連記事

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...

室蘭民報

「次は2次、私立」―室工大会場でのセンター試験終了【室蘭】

 大学入試センター試験最終日の19日、西胆振では唯一の会場・室蘭工業大学(室蘭市水元町)でも数学と理科の試験があり、交通機関や会場運営などの大きなトラブルはなく全日程を終えた。受験生たちは緊張か...

室蘭民報

西胆振職親会が障がい者永年雇用事業所表彰【伊達】

小川商店を表彰  西胆振心身障がい者職親会(早坂文雄会長)の障がい者永年雇用事業所表彰と新年交礼会が17日夜、伊達市末永町のホテルローヤルであった。同事業所1社をたたえた。  約50人が出席。...