北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

JR日高線、鵡川―様似間廃止へ 沿線7町が会合、多数決でバス転換を容認

JR鵡川駅に停車する日高線の車両。様似方向は今後、バス転換を前提に日高7町がJR北と個別協議に入る

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)をめぐり、日高管内の7町は12日、新ひだか町で会合を開き、バス転換に向けてJR北と個別協議に入ることを決めた。これまで議論してきた3案を1案に絞り、2020年3月をめどに7町がJR北海道と合意後、同線区は廃止される見通しとなった。

 会合には日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町の首長とJR北の綿貫泰之常務らが出席。非公開で約2時間行われた。

 出席者などによると、同線区の方向性について7町で議論を行い、鉄路の全線復旧を訴える浦河町に対し、このほかの6町はバス転換を主張した。意見が平行線をたどったため、日高町村会の会長を務める様似町長を除く6町で多数決を行い、バス転換5町、鉄路の復旧1町という結果になった。

 会合後の記者会見で、日高町村会の坂下一幸会長(様似町長)は「多数決の結果が鉄路の廃止を容認するものではない。各町がJRと個別協議を正式に行い、それぞれの町が条件に合わないこともある」と強調。これまで多数決はなじまないとしていたが、「なるべく全員が同じ方向を向いてゴールに向かう努力をしてきたが、まとまらず多数決を取った」と理由を述べた。

 鉄路存続を訴える浦河町の池田拓町長は「非常に残念な決定。今後の日高管内の交通体系を考える一里塚ととらえ、JR北から話を聞きたい。今まで一貫して災害復旧を訴えてきたが、そのスタンスは今も変わらない」と話した。

 同線区は15年1月の高波被害以降、4年10カ月にわたり不通状態で現在は代行バスが運行している。7町の協議は当初、全町が全線復旧に賛同していたが、16年8月の台風で被害が拡大。JR北は鉄路を存続する場合、地元負担が必要としていた。

 7町はこの方針に反発。代替策として、鉄路と陸路を走行するデュアル・モード・ビークル(DMV)やバス高速輸送システム(BRT)などを検討したが、多額の費用がかかるため断念した。その後、▽全線復旧▽鵡川―日高門別間を復旧し、残る区間をバス転換▽全線バス転換―の3案で協議を進めたが、7町で一致できず議論が続いていた。

 7町の方向性について、JR北の綿貫常務は「各町で苦渋の決断をしていただいた。重く受け止めている」とし、「最終合意となるよう、バス停や運行ダイヤ、まちづくりなど各町の要望を聞き、真摯(しんし)に対応したい」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...