北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

JR日高線、鵡川―様似間廃止へ 沿線7町が会合、多数決でバス転換を容認

JR鵡川駅に停車する日高線の車両。様似方向は今後、バス転換を前提に日高7町がJR北と個別協議に入る

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)をめぐり、日高管内の7町は12日、新ひだか町で会合を開き、バス転換に向けてJR北と個別協議に入ることを決めた。これまで議論してきた3案を1案に絞り、2020年3月をめどに7町がJR北海道と合意後、同線区は廃止される見通しとなった。

 会合には日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町の首長とJR北の綿貫泰之常務らが出席。非公開で約2時間行われた。

 出席者などによると、同線区の方向性について7町で議論を行い、鉄路の全線復旧を訴える浦河町に対し、このほかの6町はバス転換を主張した。意見が平行線をたどったため、日高町村会の会長を務める様似町長を除く6町で多数決を行い、バス転換5町、鉄路の復旧1町という結果になった。

 会合後の記者会見で、日高町村会の坂下一幸会長(様似町長)は「多数決の結果が鉄路の廃止を容認するものではない。各町がJRと個別協議を正式に行い、それぞれの町が条件に合わないこともある」と強調。これまで多数決はなじまないとしていたが、「なるべく全員が同じ方向を向いてゴールに向かう努力をしてきたが、まとまらず多数決を取った」と理由を述べた。

 鉄路存続を訴える浦河町の池田拓町長は「非常に残念な決定。今後の日高管内の交通体系を考える一里塚ととらえ、JR北から話を聞きたい。今まで一貫して災害復旧を訴えてきたが、そのスタンスは今も変わらない」と話した。

 同線区は15年1月の高波被害以降、4年10カ月にわたり不通状態で現在は代行バスが運行している。7町の協議は当初、全町が全線復旧に賛同していたが、16年8月の台風で被害が拡大。JR北は鉄路を存続する場合、地元負担が必要としていた。

 7町はこの方針に反発。代替策として、鉄路と陸路を走行するデュアル・モード・ビークル(DMV)やバス高速輸送システム(BRT)などを検討したが、多額の費用がかかるため断念した。その後、▽全線復旧▽鵡川―日高門別間を復旧し、残る区間をバス転換▽全線バス転換―の3案で協議を進めたが、7町で一致できず議論が続いていた。

 7町の方向性について、JR北の綿貫常務は「各町で苦渋の決断をしていただいた。重く受け止めている」とし、「最終合意となるよう、バス停や運行ダイヤ、まちづくりなど各町の要望を聞き、真摯(しんし)に対応したい」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

オリンピアン“背”に ポロシャツ製作 高木姉妹や山本選手にも好評【幕別】

 町役場職員交友会(会長・細澤正典住民福祉部長)は、町出身の5人のオリンピアンをモチーフにしたポロシャツを製作した。それぞれの競技に打ち込む5人のシルエットがプリントされたポロシャツは選手本人たち...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

十勝毎日新聞

屋上に飛行機! 持ち主の小枝さん「操縦の思い出展示」 空の日【帯広】

 ビルの屋上に軽飛行機発見! 帯広市中心部の小枝銀座ビル(西1南11)の屋上にたたずむ1機の軽飛行機。この存在に気付いた周辺ホテルの宿泊客らが2014年ごろから、ツイッター上にたびたび写真を投稿し...

函館新聞

秋の夜空に3000発 市内4カ所で函館合同花火【函館】

 地域の明るい未来と疫病退散への願いを込めた「函館合同花火2020~未来への希望の光」(函館青年会議所、函館新聞社共催)が19日夜に行われた。函館市内の4カ所から、20分間で計3000発の花火が...

函館新聞

本町交差点周辺でまちなかオープンテラス始まる【函館】

 函館市本町・五稜郭エリアににぎわいを創出する「五稜郭まちなかオープンテラス」(実行委主催)が19日、本町交差点周辺で始まった。「3密」を防ごうと路面店が歩道にテラス席を用意し客が飲食を楽しんだ...