北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

甘さとうまみが強く・「北海道枝幸の帆立おこわ」発売【名寄】

商品開発を担当した木戸口課長と「北海道枝幸の帆立おこわ」

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、「北海道枝幸の帆立おこわ」を発売。名寄産もち米「はくちょうもち」と枝幸産帆立を使用しており、炊飯器で簡単に作ることができる。

 同商品は、今年春に発売した「北海道大納言小豆のお赤飯」「北海道知床の鶏おこわ」に続く第3弾で、9日から販売している。

 帆立は枝幸産で、甘さとうまみが強く、繊維質が際立ち、プリプリとした食感が特徴となっている。「はくちょうもち」の無洗米300グラムとレトルトの具材がセットになっており、炊飯器にもち米、具材、水を入れるだけで簡単においしいおこわが作れる。製造作業はベル食品で行っている。

 商品開発を担当する木戸口哲営業課長は「取れたての帆立のうまみとともに、昆布も入っているため、味に深みとボリューム感がある」と味わいを話す。さらに、パッケージの箱には、同社のシンボルマークとともに「北海道名寄市産はくちょうもち」と入れ、地元産もち米が使われていることをさらにPRしている。

 価格は1404円(税込み)。木戸口課長は「おこわが炊飯器でも上手に炊けて、より簡単に調理できるようになっており、もち米を食べる機会が増えれば」と期待を込めている。

 歳暮のシーズンを控え、「北海道大納言小豆のお赤飯」「北海道知床の鶏おこわ」「北海道枝幸の帆立おこわ」の3種(各1箱)が入ったギフト商品「北の贅沢おこわ」も4104円(税込み)で販売している。また、各種ギフト商品を今月30日までに予約すると、商品価格が5%引きとなる。発送、店頭引き渡しは22日から。問い合わせは、もち米の里ふうれん特産館(01655―3―2332)まで。

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...