北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

Xマス、正月にも十勝パン シチューや汁粉…具材に【帯広】

 十勝産小麦を使ったパンの普及イベント「十勝パンを食べる会」が26日午後7時から、帯広市内のホテルヌプカで開かれる。今回はクリスマス・正月料理とパンの組み合わせを提案する。8日には鹿追町内で、イベントで提案するメニューの試作・試食会が開かれた。

試作品を前に来場を呼び掛ける(左から)中島会長、坂口さん、出口さん

 管内パン職人らでつくる「十勝パンを創る会」(中島将好会長)が昨年、十勝産小麦100%の「オドゥブレ十勝」を開発。応援団の「食べる会」(坂口琴美サポーター代表)が、試食会を開くなどしている。

 十勝パンを食べる会は「食べる会」が主催し、26日で6回目。開発段階から指導を受ける志賀勝栄シェフ(東京)を招く。

 8日の試作・試食会は、鹿追町内のトマルカフェ鹿追で開催。同店の出口さと美さん、中島会長、坂口さんが参加し、十勝パンを具材にした汁粉、シチュー、パンの空揚げ、パストラミビーフサンドを試作した。

 出席者は「パンがしっかりしているので、汁物に入れても利用ができる」などと手応えを感じていた。

 創る会と食べる会は「十勝パンと十勝の食材を合わせて新しいメニューを提案していきたい。パンの可能性や価値の向上を目指しているので、足を運んでほしい」と呼び掛けている。

 イベントは定員20人。会費3500円(ワンドリンク付き)。オドゥブレ十勝を使った料理、チーズの試食、志賀シェフらのシュトーレンが当たる抽選会などがある。申し込み、問い合わせは食べる会事務局(担当・都鳥さん、090・8429・8183)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...

十勝毎日新聞

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア【帯広】

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

十勝毎日新聞

ビーツをジュースに クリサポとかち【帯広】

 帯広地域雇用創出協議会は、十勝産ビーツを使った健康ジュースなどの商品を開発した。今後、管内の食品製造事業所や飲食店に対しレシピを提供する予定。  雇用につながるサービスを開発し、管内事業者へ...