北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

Xマス、正月にも十勝パン シチューや汁粉…具材に【帯広】

 十勝産小麦を使ったパンの普及イベント「十勝パンを食べる会」が26日午後7時から、帯広市内のホテルヌプカで開かれる。今回はクリスマス・正月料理とパンの組み合わせを提案する。8日には鹿追町内で、イベントで提案するメニューの試作・試食会が開かれた。

試作品を前に来場を呼び掛ける(左から)中島会長、坂口さん、出口さん

 管内パン職人らでつくる「十勝パンを創る会」(中島将好会長)が昨年、十勝産小麦100%の「オドゥブレ十勝」を開発。応援団の「食べる会」(坂口琴美サポーター代表)が、試食会を開くなどしている。

 十勝パンを食べる会は「食べる会」が主催し、26日で6回目。開発段階から指導を受ける志賀勝栄シェフ(東京)を招く。

 8日の試作・試食会は、鹿追町内のトマルカフェ鹿追で開催。同店の出口さと美さん、中島会長、坂口さんが参加し、十勝パンを具材にした汁粉、シチュー、パンの空揚げ、パストラミビーフサンドを試作した。

 出席者は「パンがしっかりしているので、汁物に入れても利用ができる」などと手応えを感じていた。

 創る会と食べる会は「十勝パンと十勝の食材を合わせて新しいメニューを提案していきたい。パンの可能性や価値の向上を目指しているので、足を運んでほしい」と呼び掛けている。

 イベントは定員20人。会費3500円(ワンドリンク付き)。オドゥブレ十勝を使った料理、チーズの試食、志賀シェフらのシュトーレンが当たる抽選会などがある。申し込み、問い合わせは食べる会事務局(担当・都鳥さん、090・8429・8183)へ。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...