北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市が和解案を提示 大東開発「受け入れられない」-旧エガオ訴訟

2014年に閉鎖した苫小牧駅前プラザエガオ

 JR苫小牧駅南口の旧商業施設「苫小牧駅前プラザエガオ」をめぐり、土地の一部の権利を持つ不動産会社の大東開発(苫小牧市)が建物を所有する苫小牧市に損害賠償を求めている民事訴訟で、市が大東開発側に和解案を示したことが14日分かった。土地を無償譲渡すれば、市が損害賠償額相当分を支払うという内容だが、同社の三浦実会長はこの提示を「到底受け入れられない」と争う考えを示している。

 訴訟は札幌地裁室蘭支部で3月20日に第1回口頭弁論があった以降、争点整理を行うため非公開の弁論準備手続きを継続し、14日にも行われた。

 原告の同社は、旧エガオが立地している土地の一部を所有する中、市は建物の所有権を取得した2015年から土地を不法占拠していると主張。土地の賃料相当分などとして約460万円の支払いを求めている。

 一方、市は14年に閉鎖した旧エガオを解体し駅前再開発を進めるため、公的な立場で土地と建物の所有者29法人・個人と交渉を重ね、同社以外から無償譲渡を受けて不動産権利を集約化。訴えに対し、土地の占有に違法性はなく原告の請求が権利乱用に当たるとし、他の所有者と同様に土地の無償譲渡を求めている。

 三浦会長によると、市から示された和解案は土地の無償譲渡を条件に、訴えた賃料相当分を支払う内容。菓子製造「三星」の社長も務める三浦会長は、本紙の取材に「本来であれば土地の価格は何千万円もする。駅前に三星の店舗を建てたいので、和解案を示されても無償譲渡は考えられない」と述べた。

 市は「係争中なので和解案を示したかどうかも含めてコメントを差し控えたい」と説明。これまでと同様に権利集約を行った上で、建物の解体などを条件として民間事業者に無償譲渡する方針に変わりはないとしている。次回は12月23日に第2回口頭弁論が開かれる予定だ。

 今回の訴訟は損害賠償を請求するもので、和解が成立せずに判決が出ても駅前再開発の見通しが立たない状況は当面続きそうだ。

関連記事

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別...

苫小牧民報

6寺院を避難所に むかわ町と鵡川仏教会が災害協定

 むかわ町と町内鵡川地区の寺院でつくる「鵡川仏教会」は14日、災害時における施設利用に関する協定を結んだ。同日、静光寺(町松風)で締結式が行われ、竹中喜之町長と各寺院の関係者が協定書を交わした。 ...

日高報知新聞

オオワシの生態と価値【新ひだか】

【新ひだか】静内本町1の高田観光主催の「なぜ静内川にオオワシがくるのかその生態と価値を学ぶ」の講座は、15人が参加して座学が12日、観察会が13日に町内で開かれた。町体験・滞在型観光商品開発等支援事業。 ...

日高報知新聞

節婦で突風発生【新冠】

【新冠】14日午前8時前ごろ、町内節婦町で突風が発生し、倉庫が倒壊したり国道沿いのバス停待合室が道路の反対側まで吹き飛び全壊し、倉庫を中心に10棟ほどの被害があった。けが人などはなかった。  ...

十勝毎日新聞

コロナ収束炎に願う どんど焼き【帯広】

 帯広市内の帯廣神社(大野清徳宮司)で15日、「どんど焼き」(古神札焼納祭)が行われた。訪れた市民らが炎の中に正月飾りなどを投げ入れ、1年間の無病息災を祈った。  どんど焼きは、正月飾りなど...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス