北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

桜並木で枯れ枝拾い【新ひだか】

二十間道路桜並木で枯れ枝を拾い集める参加者たち

【新ひだか】二十間道路桜並木で13日、町やシルバー人材センター、清掃ボランティアが枯れ枝などを集める清掃活動を実施した。

 来春も全国的に知られる桜並木の観桜客を温かく迎えようと、冬を前に町民参加で整備する恒例の作業で、「みんなで一緒にまちづくり!」をスローガンに町が清掃ボランティアを募集し、シルバー人材センターから24人と一般ボランテイアを合わせ約50人が参加した。

 大野克之町長は開始式で「みんなの力を少しずつ借りながら、桜並木を守るボランティア活動を継続していきたい」とあいさつ。

 早速、エントランス広場のマツなどのせん定作業はシルバー人材センターが、ほかは静内農高まで約3㌔区間を2グループに分かれて清掃活動をスタート。

 並木沿いに目立つ大量の枯れ枝やゴミなどを軍手や火バサミなどを使って拾い集めた。

 後半には、サクラ専門の樹木医・金田正弘さん=苫小牧市在住=も駆け付け、「二十間道路樹勢回復事業」として施肥などの体験も行われ、参加者は桜並木の維持保存の専門的知識を学んだ。

 二十間道路桜並木は、延長約8㌔、エゾヤマザクラなど2200本があり、日本の道百選(昭和61年・建設省)、さくら名所100選(平成2年・日本さくらの会)、新・日本街路樹100景(平成6年・読売新聞社)、北海道遺産(平成16年・道)に選定されている。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...