北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

97年閉園「ファンタジードーム」 ジェットコースター設備の撤去工事進む

レールを覆うトンネルが撤去されたジェットコースター設備

 MEGAドン・キホーテ苫小牧店(苫小牧市木場町)の3階屋上で、1997年に閉園した屋内遊園地「ファンタジードーム」の人気アトラクションだったジェットコースター設備の撤去工事が行われている。閉園後も22年間にわたって残され、バブル期のJR苫小牧駅北口のにぎわいを伝える設備だっただけに、かつて施設を利用した市民の間には寂しがる声も多い。

 ファンタジードームは、90年に開業。回転ブランコやメリーゴーラウンドをはじめとする多彩な遊戯施設を備え、ジェットコースターは高低差の大きいコースが人気を博した。

 開業後には、大型レジャー施設を核とした商業集積によるまちおこしの参考に―と道外からも商工会などが視察に訪れたがバブル崩壊を受けて客足が徐々に落ち込み、97年に閉園。その後、建物には長崎屋苫小牧店が入居し、2010年7月からはMEGAドン・キホーテ苫小牧店が営業している。

 建物は三菱UFJ信託銀行(東京)が所有し、札幌市のビル管理会社が維持、管理。管理会社によると、鉄骨一部鉄筋コンクリート造4階建て(延べ床面積3万7600平方メートル)の建物の外装工事に当たってジェットコースター設備の撤去が必要になった。

 撤去工事が行われている3階屋上はジェットコースターが出発して天井付近までゆっくり上昇して急降下した後、スピードを出しながらカーブし、一瞬だけ屋外の光景が見える部分だった。

 10月中旬に着工。店舗の営業や住民の通行に支障がないよう夜間に作業し、今月中の解体を目指している。

 かつてジェットコースターを10回ほど利用したという苫小牧市川沿町の電気工事会社代表内城隆則さん(44)は「中学生や高校生の時に乗った。1度外に出るコースが珍しく、緊迫感もあってよかった」と懐かしむ。

 2人の息子を持つ市内青葉町の主婦西村百合子さん(34)も「目にするたび、当時を思い出していた。苫小牧にも遊園地があったことを子どもに話したりしていたので無くなると寂しい」と語った。

関連記事

室蘭民報

炭鉄港ガイド養成事業で地域の魅力や鉄道史を解説【室蘭】

 日本遺産「炭鉄港」のガイド養成事業が25日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれ、関係者が炭鉄港の魅力や鉄道史、ガイドの心得などについて講演した。  炭鉄港のストーリーを理解し、地域の魅力...

室蘭民報

お寺でダンスミュージック、紋鼈寺でイベント【伊達】

異色のコラボ「若い人に交流の場を」  お寺のホールでダンスミュージックを楽しんでもらうイベントが25日、伊達市末永町の浄土真宗本願寺派・紋鼈寺で開かれた。若院の奥田正弘さん(29)が企画。「人と...

室蘭民報

室工大院生の2人が宮古市での奉仕活動内容を報告【室蘭】

「災害を体で感じた」  被災地が必要とする支援を探ろうと、昨年10月の台風19号で被害を受けた岩手県宮古市に乗り込み、ボランティアに取り組んだ室蘭工業大学大学院の院生2人が、現代心理学を学ぶ学部...

室蘭民報

きらんで「ママたちのリラックスTIME」が初開催【室蘭】

絵本読み聞かせアロマ楽しむ  室蘭市中島町の市生涯学習センター・きらん内のブックパークで27日、「ママたちのリラックスTIME~絵本のよみきかせ&アロマ~」が初めて行われ、子育て中の母親11人が...

室蘭民報

真冬の温泉街、熱気お届け…3、4日に湯まつり【登別】

 第49回登別温泉湯まつり(登別市、登別国際観光コンベンション協会主催)が2月3、4の両日、登別市登別温泉町の泉源公園を主会場に行われる。湯鬼神(ゆきじん)たちが宿泊施設や飲食店などを回り、厄払...