北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳空港の新誘導路、年度内に完成へ 離着陸機の移動距離短縮

新設される南側誘導路のルート

 新千歳空港で国際線用の新誘導路造成工事が順調に進んでいる。スムーズな離発着を目指し、2016年から空港南側に全長1・7キロ区間で整備中で、完成は今年度末の予定。駐機場と滑走路間の移動距離が現行と比べて約1・5キロ短縮されるほか、運航便数が増えている国際線の安全性向上も期待できる。

 新誘導路は中央の本体部分が30メートル、左右の路側帯は各15メートル。工事を担当する札幌開発建設部によると、造成費用は55億円。作業は計画全体の約9割まで完了している。路面は航空機の重量に耐えられるよう通常の3倍の厚さに相当する35センチで4層構造とする。

 現在使用されている北側の国際線誘導路は混雑することが多く、冬期間は出発前に行う機体への防氷液の塗布作業に影響を及ぼすこともあった。南側誘導路は旅客機がスムーズに旅客ターミナルビルと滑走路を行き来できる新たな動線となる。

 今回の造成工事は16年に着手した「国際線ターミナル地域再編事業」の一環。南側誘導路以外に、交差道路のアンダーパス化、3機分の駐機場増設、地上支援車両置き場の移転などを実施しており、総工費は約190億円。このうちアンダーパス化は車両通行の利便性向上を狙い、南側誘導路の下をくぐる形で空港から苫小牧方面に縦貫する道路を片側2車線化する。今年4月に暫定供用を開始し、20年3月までに完成する。

 新千歳空港では年々国際線需要が伸びており、18年度の乗降旅客数は前年比13%増の373万人。国際線ビルが開業した10年度(95万人)から8年で約4倍に急伸している。再編事業に基づく国際線ビルの増築もあり、今後も訪日外国人旅行者の伸びが期待されている。

 同事業所の藤田謙二所長は「年度内の完成に向けてしっかりと整備を進めたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

新嵐山一帯を“農村の宿”に スカイパーク活用計画案【芽室】

 芽室町は新嵐山スカイパークの活用計画案を、24日までにまとめた。一帯を「Rural inn(農村地帯の宿)」と位置付け、多くの観光客が景観や食などの地域価値を体感できる新しいエリアづくりを進める...

十勝毎日新聞

2トンの豆 鬼まいった 「豆まかナイト」【本別】

 節分に合わせた豆まきイベント「ほんべつ豆まかナイト2020」(実行委主催)が25日夜、本別町体育館で開かれた。用意された2トンを超える大豆を使ったアトラクションなどに来場者は歓声を上げ、一足...

十勝毎日新聞

冬の災害 体験で備え 市防災訓練【帯広】

 帯広市冬季防災訓練が25日から26日にかけて、市内の川西中学校を会場に行われた。川西地区をはじめ市内全域から参加した約120人が、厳寒を意識し、災害時に生かせる救助や調理法などを訓練や体験な...

函館新聞

科学祭、今年のテーマは「健康」/催しアイデア続々【函館】

 毎年8月に函館市内近郊を舞台に行われる「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)のキックオフイベントが25日、函館コミュニティプラザ(Gスクエア、シエスタハコダテ内)で開かれた。1...

函館新聞

春節にぎわい、朝市などにぎわう【函館】

 中華圏の旧正月「春節」の25日、函館市内の施設には多くの台湾や中国からの観光客の姿が目立った。中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が懸念される中、大型連休中に延べ約30億人...