北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

世界初 5Gで8Kリアルタイム伝達【新冠】

育成場のトレーニングを高性能ドローンで撮影

【新冠】節婦町の日高軽種馬共同育成公社で13日、高速大容量の「5G」(第5世代移動通信システム)を活用した軽種馬育成支援の実証試験を報道関係者に公開した。この試験で、世界で初めてドローンから撮影した8K超高精細映像のリアルタイム伝送に成功している。

 公開したのは、来春からの商業化に向け国が進める「5G総合実証試験」。利活用アイデアコンテストに上位入賞した新冠町・シャープによる提案を受け、ATR、KDDI、シャープ、町、東京大学などが、今月4日から12日まで軽種馬の育成支援を目的に実施。5Gを活用した8K映像のリアルタイム伝送で、トレーニングやきゅう舎内の様子を遠隔観察し、見守る試験に取り組んだ。

育成公社(代表・鳴海修司新冠町長)は、生産農家や馬主から約200頭の子馬を預かり、調教と育成を担う。生産農家や馬主は録画映像や公社に出向いて預託馬の育成状況を確認しているが、「遠隔地からライブ映像で確認したい」という要望が数多く寄せられていた。

 実証試験では①トレーニングコースを走る育成馬を5Gドローン(本体15㌔、横160㌢、高さ90㌢、8Kカメラ搭載)で撮影し、足運びなどを観察②厩舎内馬房に設置の8Kカメラ1台、4Kカメラ4台を設置し、8Kカメラで歩様や毛並み、筋肉、骨格などを細部まで観察。4Kカメラ4台で映像を合成し、5G伝送で8Kモニターにリアルタイムで表示する試験に成功している。

 この8K・4Kカメラの映像を5G基地局を通じて事務所や遠隔地のモニターに8K映像が送信する仕組みは、来春の商用開始を予定している。

 鳴海修司町長は「将来を支える新たな技術として、さまざまな地域課題解決に寄与することを期待したい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

新鮮野菜を安値で 菜花が今シーズンの営業開始【新ひだか】

【新ひだか】三石地区の特産品を多くの人に知ってもらおうと、同地区農家が中心となって三石鳧舞の道の駅みついし隣接地で運営する農産物三石直売所「菜花(さいか)」(河合博文代表、会員85人)が、4日か...

日高報知新聞

管内7町を7色で表現 観光PRポスター制作

 日高振興局は、全国のイベントや道内外の観光施設に掲示する「ひだか地域観光PRポスター」を制作した。管内7つのまちのそれぞれが持っている個性(カラー)を7つの色で表現した「ナナイロひだか旅」が...

苫小牧民報

床面積は2倍に新千歳国際線ビル 拡張工事が完了

 新千歳空港国際線ターミナルビルの拡張工事が先月で、完了した。航空会社のカウンターや保安検査場、搭乗待合室などが拡張され、国際線ビル全体の延べ床面積は約2倍の12万4000平方メートルに。ビル内...

苫小牧民報

全国建築板金競技大会で古市さんが日本一 苫小牧市から初

 苫小牧市元中野町の梨木工業(梨木仁代表)の工事部部長、古市友之さん(45)は、2月に静岡県富士宮市で開かれた「第42回全国建築板金競技大会」(日本建築板金協会・全日本板金工業組合連合会主催)に...

名寄新聞

特別純米酒「彗星」生酒限定販売・名寄産酒米を100%使用【名寄】

 名寄市風連産酒米「彗星」を100%使用した特別純米酒「名寄彗星」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、4日から市内各小売店などで販売されている。同酒を卸している丸徳木賀商店(木賀義友...