北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

地場産使い料理講習会、乳製品の良さを再認識【登別】

協力してメニューを作る参加者

 登別消費者協会(安達陽子会長代行)主催の第2回食の安全安心セミナー「牛乳・乳製品消費拡大事業料理講習会」が17日、登別市富士町の市民会館で行われ、市民らが地元食材を使ったメニュー作りにチャレンジした。

 乳製品の消費拡大に向けて開催。約40人が参加した。ホテルゆもと登別の渡辺晃紀料理長を講師に迎え、サーモンの錦和えサラダ、長イモの和風チーズグラタン、のぼりべつ豚のチーズロール寿司、登別酪農鍋、えぞ熊笹団子のミルクお汁粉―の5品を作った。

 長イモの和風チーズグラタンからスタート。ボウルにすりおろした長イモ、牛乳、卵、みそを混ぜたソースを作っておく。フライパンでベーコンやナスなどを炒め、耐熱皿に入れた。長イモソースとミックスチーズを載せ、火加減に注意しながら焼き目がつくまで焼いた。ホワイトソースの代わりとなる長イモソースはチーズとの相性も抜群で、和洋折衷の仕上がりだ。

 のぼりべつ牛乳を使った登別酪農鍋は、ミルク色の硫黄泉をイメージした一品。のぼりべつ牛乳やクリームチーズ、白みそで味付けしたスープに海鮮をはじめとした具材を盛り込み、登別ならではの料理を完成させた。参加者は材料のカットや計量などを役割分担しながらてきぱきとした作業で仕上げ、牛乳や乳製品のおいしさを再認識していた。

関連記事

室蘭民報

あすなろでドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」を限定販売【洞爺湖】

500個限定販売  洞爺湖町入江のデイセンターあすなろでは、ドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」の製造が最盛期を迎えている。今年は500個限定。ラム酒に漬け込んだレーズンやオレンジピール、レモンピ...

室蘭民報

ザ・ウィンザーホテル洞爺飯島総料理長が「ベジミクロ」を活用【洞爺湖】

西胆振産の野菜、もっと使いたい  最高級のおもてなしで知られるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(洞爺湖町)。料飲担当理事で、総料理長の飯島豪さん(54)は、西胆振の豊富な食材を積極的に取り...

室蘭民報

中井英策商店で「キンキのいずし」の製造が大詰め【伊達】

 師走に入り、中井英策商店(伊達市南稀府町、及川昌弘代表取締役社長)で、「キンキのいずし」の製造が大詰めを迎えている。伊達市の名産とあって、従業員が彩り鮮やかに詰め込んでいる。  同社はハタハ...

十勝毎日新聞

十勝ワイン新酒 豪快に 楽しむ会【帯広】

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら54人が参加。11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2019を中心に、ワインと料理を楽しんだ。  同会...

室蘭民報

スイーツいかが…「うずらプリン」の製造がピーク【室蘭】

 室蘭うずら園(三浦忠雄代表取締役)の人気商品「室蘭うずらのプリン」が、歳末商戦向けに製造がピークを迎えている。室蘭市石川町の同社工場内は、甘い香りに包まれている。  同プリンは、餌を工夫して...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス